カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. ガン・悪性腫瘍 >
  3. 基礎知識 >
  4. 緩和医療 >
  5. 進行性がんの疼痛を和らげる「緩和医療」

ガン・悪性腫瘍

進行性がんの疼痛を和らげる「緩和医療」

 

がんが進行すればするほど緩和医療の役割は重要度を増します。

 

身体的苦痛の代表は疼痛             

進行性がんの患者さんは疼痛のほかうつ不安睡眠障害食欲不振など様々な苦痛に悩まされますが、身体的苦痛の中で最もマネジメントを必要とするのは疼痛です。

主に腫瘍の骨や軟部組織への浸潤・転移、神経の圧迫・損傷などで起きますが、筋攣縮や手術などが原因になることもあります。

 

 

疼痛緩和に用いる薬剤              

疼痛緩和に用いられる薬は「オピオイド系」「非オピオイド系」に大別されます。

モルヒネを代表とするオピオイド系鎮痛薬のほうが鎮痛効果は高いですが、痛みの強さに合わせて段階的に強めていく方法が推奨されています。

 

また、疼痛治療も抗がん剤を使った化学療法と同様、作用機序の異なる薬剤を使用することで相乗効果を得られますので、非ステロイド性抗炎症薬鎮痛補助薬を痛みに合わせて併用するのが基本になります。

 

 

最新情報の入手法                

疼痛はもとより、がん患者さんを苦しめる様々な症状に対して米国国立がん研究所が、がん情報データベースの上で細かく治療法や対処法を紹介しています。

これらはインターネットでアクセスすることで簡単に読むことができますので、最先端のスタンダードな方法について情報を自分で調べて持っておくのもいいでしょう。

 

 

 

(Photo by //www.ashinari.com/2012/08/19-367297.php)

著者: albaitinさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

緩和医療に関する記事

緩和ケアは末期ガン患者のもの…?いいえ!違います

  ガンで緩和ケアを受けることになった、というと末期ガンでホスピスに入るイメー...

ガンの緩和ケアを受けるタイミングはいつがいいの?

  ガンの治療は腫瘍を取り除いてガンという病気を完治させるだけではありません。...


緩和治療ってなに?がん患者の症状のコントロールと生活の向上

    手術・放射線・薬物による3本柱の治療に最近は緩和治療を加えることが多く...

化学療法による身体的苦痛と心理的苦痛とは?がん治療について

  化学療法を受けている患者さんはどのような苦痛を感じているのでしょうか?  ...

カラダノートひろば

緩和医療の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る