カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠後期(8ヵ月以降) >
  4. 早産によって起こる合併症…でも「治せる合併症もたくさんある」!

妊娠・出産

早産によって起こる合併症…でも「治せる合併症もたくさんある」!

b2f327520995aa6406f2b38948c4b850_s.jpg

ドラマ「コウノドリ」で早産について取り上げられていました。 

早産ということは合併症のリスクが懸念されます。 

ドラマの中でも合併症の可能性を説明された夫婦が、思い悩み葛藤するシーンが描かれていました。

 

早産で生まれてきた赤ちゃん

妊娠22週~366日で生まれる赤ちゃんを、早産児と言います。

 

早産で生まれてきた赤ちゃんは、見た目にも「体が小さく頭が大きい」「耳がやわらかい」「皮下脂肪が少ない」などの特徴を持っています。 

そういった特徴以上に気になるのが、内臓などの発達不全でしょう。

 

脳・消化器官・心臓・肺…色々な臓器が十分に発達しないで生まれてくる可能性があります。 

 

その合併症は治療可能?

例えば脳の発達不全の影響で、知的障害が残るとなったら、それを治すことはできないかもしれません(関わり方で知能を最大限伸ばしていける可能性はあります)。

 

けれど合併症によっては、治療によって改善できるものも多くあります。 

 

・心臓は治療可能?

心室の壁に穴があいている、心臓内の弁がないなど、心臓の奇形は大方手術で治すことができます。

 

場合によっては子どもの成長を待って、段階的に手術していくことになるでしょう。 

 

・肺は治療可能?

人工呼吸器をつけて経過観察することもあります。

 

また、装置をつけて血中の酸素濃度が低下したら、刺激を与えて呼吸をさせるように仕向けるといったこともあります。 

 

・目は治療可能?

目は成長とともに治ることも多くあります。 

一方で小さい頃に適切に治療をしなければ、将来的に弱視になることもあります。

 

そのためできるだけ早く治療を開始し、定期的に経過観察をしていくことも必要です。 

 

・口唇口蓋裂は治療可能?

見た目から受けるショックは大きいかもしれませんが、手術をして問題なく生活している人は多くいます。

 

発声に支障が出ることで言語障害の可能性も残りますが、適切な訓練を受ければほとんど問題はありません。 

 

治せる合併症はたくさんあります!

障害に対して肯定できない人もいれば、それでも自分の子と考えられる人もいます。 

どちらの考えが優れているわけでもなく、どちらが正しいわけでもないと思います。 

けれど、一言で合併症といっても治せる合併症はたくさんあります。

 

どうにもならないものを数えるよりも、どうにかなるものを数えることで、幾分か前向きな気持ちになれるのではないでしょうか? 

 

(Photo by:写真AC

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

妊娠後期(8ヵ月以降)に関する記事

妊娠後期ってどの程度の運動をした方がいいの?オススメの運動「ウォーキング」

妊娠後期はお腹も大きくなってきて、動くのが億劫になってしまいますね。夏に臨月...

出産予定日が近づくとソワソワする…予定日前、正期産はどう過ごすのがベスト?

臨月に入り、特に正期産に入るとまだかまだかと毎日ソワソワ、ソワソワ…。 い...

妊娠後期(8ヵ月以降)の体験談

里帰りしない帝王切開の出産準備★コープの夕食宅配など

「里帰りしない帝王切開の出産準備①」では予定帝王切開のスケジュールと、やりきれない家事などの洗い出し...

やっと産休〜

3月31日でやっと産休に入りました。 予定日は5月20日。 仕事は保育士だったため、朝は7時...

カラダノートひろば

妊娠後期(8ヵ月以降)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る