カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠初期(2~4ヵ月) >
  4. 出生前診断 >
  5. いろいろな出生前診断を比較!それぞれの検査の時期と、費用について知りたい!

妊娠・出産

いろいろな出生前診断を比較!それぞれの検査の時期と、費用について知りたい!

d2c63bf087e7fe6871207201f3ad1d28_s.jpg  

高齢出産の方が増えると共に、出生前診断が話題になることも増えました。
ドラマ「コウノドリ」でも、不妊治療の末に高齢で妊娠し、出生前診断をするかどうか迷っているということが描かれていました。

 

いろいろな出生前診断

出生前診断というと羊水検査が一番に思い浮かぶでしょうか?最近では新型出生前診断(NIPT)も話題になりましたね。

 

出生前診断とは、妊娠922週頃に行われる検査の総称です。
これによって「胎児に奇形・病気・染色体異常がないか」を調べます。
その方法としては主に5つの方法があります。

 

 

5つの出生前診断、その時期と費用

それぞれの出生前診断について書いていきます。

 

・絨毛検査

妊娠911週、約15万円で受けられます。

 

絨毛というのは胎盤構造のひとつです。
受精卵から出た細かい根っこのようなもので、子宮内膜に根付くようにして、胎盤を支え形成しています。
絨毛検査では、この絨毛を採取して検査を行います。ただし、絨毛検査はどこでも受けられるわけではなく、実施している病院は限られます。

 

・NIPT(新型出生前診断)

妊娠1018週、約20万円で受けられます。

 

新しい検査であるため、全国的にもこの検査を受けることができる病院は少ないです。

 

この検査で陽性が出た場合には、確定診断のために羊水検査を受け直す必要があります。
そのため、妊娠18週では少し遅く、遅くとも17週までに受ける妊婦さんが多いようです。

 

・超音波検査(出生前診断の目的での検査)

妊娠1113週、約45万円で受けられます。

 

妊婦健診でも超音波検査は行いますが、それとは区別して出生前診断を目的にして検査をします。
胎児超音波スクリーニング検査(胎児ドック)とも言われます。

 

・羊水検査

妊娠1517週、約1215万円で受けられます。

 

子宮の中を満たしている羊水を採取して行います。費用には日帰りの入院費、検査後に必要な抗生物質などの金額が含まれています。

 

・母体血清マーカーテスト

妊娠1521週、約12万円で受けられます。

 

出生前診断の中では費用は低めです。NIPTと同じく、これで陽性が出た場合には羊水検査をする必要がありますので、基本的には妊娠17週までに行われます。

 

 

あなたは受ける?どれを受ける?

一言で出生前診断と言っても、その種類は実はいろいろあります。
受けられる週数もそれぞれありますので、考えている内に受けられない週数になる可能性もありますし、費用もそれぞれです。
出生前診断を考えているなら、事前によく調べ、家族や医師と相談したうえで決められるとよいですね。

 

 

(Photo by:写真AC

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

出生前診断に関する記事

知りたいけど怖い...?出生前診断の受診について「受ける予定はない」83.0%!

出生前診断では、胎児に異常がないかどうか「出生前(妊娠約9週から18週までの間...

新型出生前診断は、的中率99.1%ではない?!低年齢になるほど的中率が下がる、その理由とは

出生前診断とは、妊娠初期に胎児に障害があるかどうかを検査することで、その後の...

出生前診断の体験談

出生前診断について、どうお考えですか?ダウン症の確率

今ではメディアなどでも良く取り上げられていて、昔とは違い出生前診断について知名度もあると思いますが。...

出生前診断って受けるべき?羊水検査や血液検査について

妊娠すると胎児に何らかの異常があったらどうしようと悩む人は少なくはないと思います。 私の場合も同...

カラダノートひろば

出生前診断の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る