カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠初期(2~4ヵ月) >
  4. 出生前診断 >
  5. 新型出生前診断の誤解…新型だからって、全てが従来よりも優れているわけではない!

妊娠・出産

新型出生前診断の誤解…新型だからって、全てが従来よりも優れているわけではない!

755319e23575f04c7f5d0a25eda04b43_s.jpg

出生前診断について考えたことはありますか?

 

周産期医療センターを舞台にしたドラマ「コウノドリ」でも、この出生前診断に揺れる高齢妊婦が取り上げられていました。

 

新型出生前診断(NIPT)とは?

特に高齢出産においてきちんと考えておくべきだと考えられるのが、出生前診断です。

 

最近高齢出産の方が増えてきたことで、「新型」出生前診断(NIPT)も話題になりました。

 

新型出生前診断は、正式名称・無侵襲的出生前遺伝学的検査と言います。

 

つまりママの体から採取した血液を調べて、胎児の染色体異常を調べるのです。

 

 

これが注目されているのは、従来の絨毛検査や羊水検査のように流産のリスクがないためです。

 

流産のリスクといってもほんの少しの確率ですが、これらの方法は針を刺すことで母体を傷つけるため、どうしても流産のリスクがゼロにならないのです。

 

これに対して新型出生前診断は、ママの血液をとるだけですので、そういったリスクはありません。

 

新型出生前診断に対する誤解

「新型」と聞くと、何となく今までよりも「良い」イメージがあるのではないでしょうか?

 

確かに先述の流産のリスクや母体への負担に関しては優れていますが、全ての点でそうではありません。

 

 

・全ての先天性異常が分かるのではない

新型出生前診断で分かる先天異常は、13トリソミー、18トリソミー、21トリソミー(ダウン症)です。

 

これら以外の先天性の疾患を調べるためには、羊水検査などの検査を受ける必要があります。

 

 

・的中率は高くない

99%の精度」などと言われることがありますが、これは何が99%なのか分かりますか?この99%というのは検出率ということです。

 

つまり上記の先天異常を見逃す確率が低いということになります。

 

これは的中率とは違います。

 

実際に陽性や陰性という結果が出たときに大事なのは、「陽性(陰性)と診断された子が実際に染色体異常を持って生まれてくる的中率」なのです。

 

しかし新型出生前診断において、この的中率はそこまで高くありません。

 

新型だから全ていいわけではない

新型出生前診断は、採血によって検査ができるという点が大きな利点として取り上げられました。

 

しかし、上記のような点が誤解されていることも多いようです。

 

たとえ陽性の判定が出てもそれはあくまでも統計的な予測値です。

 

実際には羊水検査などの他の検査を行ったり、胎児の健康状態を調べなければ、具体的には分かりません。

(Photo by:写真AC

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-13掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

出生前診断に関する記事

いろいろな出生前診断を比較!それぞれの検査の時期と、費用について知りたい!

   高齢出産の方が増えると共に、出生前診断が話題になることも増えました。ドラ...

精度99%と誤解していませんか?新型出生前診断で、本当に理解するべき数字とは?

新型出生前診断を知っていますか?2012年頃にマスコミで報道され、新しい検査...

出生前診断の体験談

出生前診断について、どうお考えですか?ダウン症の確率

今ではメディアなどでも良く取り上げられていて、昔とは違い出生前診断について知名度もあると思いますが。...

出生前診断って受けるべき?羊水検査や血液検査について

妊娠すると胎児に何らかの異常があったらどうしようと悩む人は少なくはないと思います。 私の場合も同...

カラダノートひろば

出生前診断の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る