カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 肺・気管支 >
  4. PM2.5 >
  5. 北京・日本の話ばかりじゃない!とっても身近にある○○だってPM2.5って知ってましたか?

気になる病気・症状

北京・日本の話ばかりじゃない!とっても身近にある○○だってPM2.5って知ってましたか?

141c1e1edd3b858b1284f00459a3f3a6_s.jpg

乾燥する季節、PM2.5のニュースをよく耳にします。同時に中国の北京での大気汚染の状態がテレビなどで流れてきます。

けれど、PM2.5はそれだけが問題ではありません。

 

 

PM2.5はもっと身近に…

「PM2.5っていったら中国の話?」と、ニュースや新聞をよく見ている人は思うでしょう。

確かに中国で発生しているPM2.5の影響は、中国北京だけではなく、偏西風に乗って日本にもやってきています。

それが健康に悪影響を及ぼす程とされていますから、問題なのです。

 

けれどPM2.5というのは、中国とか日本とか、どういった大きな話だけではありません。

もっともっと身近にもPM2.5があるのを知っていますか?

 

 

タバコもPM2.5です

そもそもPM2.5というのは、粒子物質のことで、直径が2.5ミクロン以下のとても小さな粒子を指します。

 

 

 

とても小さな粒子だからこそ、肺の奥まで入り込んでしまいます。そして肺どころか全身の炎症を起こします。

そのためPM2.5の濃度が高い場所では、呼吸器や循環器の疾患による死亡率が上昇するとも言われています。

 

 

さて、身近なPM2.5というのが「タバコの煙」も典型的なPM2.5なのです。

 

タバコを吸っている人、そしてその周りでその煙を吸っているという人は、積極的に大気汚染の激しい場所の空気を吸いに行っているのと同じなのです。

 

 

タバコのPM2.5の例

例えば、自動ドアで仕切られた喫煙席を例に考えてみましょう。

喫煙席ではPM2.5の濃度が700μg/㎥ほどになります。

この濃度は北京でPM2.5の濃度が最も高いときと、同じくらいのレベルと言います。

 

 

 

一方、自動ドアで仕切られた禁煙席の濃度は、70μg/㎥を超えることもあるそうです。

 

1日の平均値が70μg/㎥」の場合に環境省は外出を自粛するなどの注意喚起をする目安にしています。

 

ちなみに、健康を保護するための目安として「1年間の平均値が15μg/㎥以下、かつ1日の平均値が35μg/㎥以下」と定めています。

 

 

70μg/㎥という数字でも直ちに健康な人に影響が出るわけではありません。けれど喘息やアレルギーを持っている方は気をつけるべきです。

 

 

タバコは室内ならなお注意

北京から飛んでくるPM2.5は主に室外に運ばれてきます。

一方でタバコとなると密閉された室内で吸うことも多く、その分その場所の濃度は濃くなります。

 

換気扇の近くやベランダで吸っていても同じことです。タバコの煙は簡単に部屋の中に入りますし、部屋の中にとどまります。

まずは禁煙からPM2.5対策をしてみてはいかがでしょうか?

 

 

(Photo by:写真AC

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

PM2.5に関する記事

黄砂や花粉に付着して浮遊する?~PM2.5の濃度分布と対策~

  最近、毎日のようにニュースでPM2.5濃度の観測データや情報が放送され...

中国のPM2.5による汚染が深刻化!原因や中国の取り組み

    中国からのPM2.5による大気汚染がまた深刻になってきているようです。 ...


お出かけ時のPM2.5対策

  毎日ニュースなどで話題になっているPM2.5。最近ではスギ花粉と同等以...

PM2.5は黄砂にくっついて飛んでくる?日本への影響と健康への影響について

    話題のPM2.5ですが、4月の「黄砂」と混じって日本へやってきます。...

カラダノートひろば

PM2.5の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る