カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児 >
  3. 病気と症状 >
  4. 代謝異常・栄養障害 >
  5. 子どもからメープルシロップの匂い!?楓糖尿病(メープルシロップ尿症)の症状・治療法

育児

子どもからメープルシロップの匂い!?楓糖尿病(メープルシロップ尿症)の症状・治療法

ac2287f4f2d1039c26cc13fd8756104f_s.jpg  

糖尿病は聞いたことがあっても、楓糖尿病という病気は聞いたことがない人が多いのではないでしょうか?

メープルシロップ尿症とも言い、先天性の病気です。

 

楓糖尿病(メープルシロップ尿症)とは?

先天的にアミノ酸の一種を分解するために必要な酵素がないことで、血中にそれに関係した成分が多くなってしまう病気です。

 

分解できないアミノ酸が、分枝アミノ酸と呼ばれる、ロイシン、イソロイシン、バリンというアミノ酸です。

これらを代謝するための酵素が先天的に持っておらず、このアミノ酸やこれに関係した物質(α-ケト酸)が体内に溜まっていってしまいます。

 

その結果、汗や尿からメープルシロップのような甘いにおいがするようになります(α-ケト酸による症状)。

その他にも哺乳力の低下や嘔吐、けいれんや呼吸障害、重い症状の場合には死に至ることもあります。

 

治療には何ができる?

この病気と診断されたら、どんな治療をしていくことになるのでしょうか?

赤ちゃんでも透析・血液交換をする!

この分枝アミノ酸というのは、たんぱく質の中に含まれているため、哺乳することで赤ちゃんの体の中に溜まっていきます。

そのため、生まれて割とすぐの段階で、上記のような症状が見られることがあります。

もし呼吸困難や意識障害などの重度の症状が見られる場合には、赤ちゃんであっても透析や血液交換が必要になるでしょう。

分枝アミノ酸を24mg/dl以下に

ミルクでも分枝アミノ酸を除去したものがありますので、それを飲ませることになるでしょう。

 

一方で、分枝アミノ酸は育っていくのに必要な成分でもあります。そのため、最小限の分枝アミノ酸を母乳などから摂取することになります。

 

少し大きくなってミルクから食事になっても、こうした食事制限をしていくことになります。

血中のロイシンの濃度を24mg/dl以下に維持していくことになるでしょう。

 

なぜロイシン?

分枝アミノ酸の中でもロイシンは、神経への毒性が強いという特徴があります。

これが血中濃度10mg/dl以上になると、ふらつきなどの症状が出てきます。そのため、生涯このコントロールを続けていくことになります。

 

感染症などに注意していく

またコントロールが良好でも、感染症などをきっかけに血中濃度のバランスが大きく崩れることがあります。

その時には、重い症状につながることもありますので、健康な人には大したことのない感染症でも、慎重に対応する必要があります。

 

全くの除去ではなく、一定範囲に保っていく

食物アレルギーなどでは対象の食べ物を完全にシャットダウンしてしまっても大丈夫ですが、楓糖尿病のような病気の場合そうはいきません。

多すぎても少なすぎてもいけませんので、そのコントロールを良好にしていかなければいけないのです。

そのためには長い目で、親御さんが病気について勉強していく必要がありますね。

(Photo by:写真AC

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

代謝異常・栄養障害に関する記事

子どもからメープルシロップのニオイ?『メープルシロップ尿症』について知っておこう

  常染色体の劣性遺伝によって発症する疾患にメープルシロップ尿症という疾患があ...

フェニルケトン尿症の食事療法と新しい治療・テトラヒドロビオプテリン

  先天的な遺伝子異常によって、フェニルアラニンというアミノ酸を代謝する酵素が...

病気と症状の体験談

正月に発熱~病院も正月休みで初めての救急へ~

娘が12月中旬に一度風邪をひき、薬を飲ませ完治。年末年始にまた風邪を引くことはないだろうと思っていま...

1歳1か月で、突発性湿疹になりました

我が家の三女、1歳1か月 先日、ついに突発になりました~高熱が4日間!!先日、我が家の三女が突...

カラダノートひろば

代謝異常・栄養障害の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る