カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 予防接種 >
  4. いつ受ける?何が必要?副反応は?インフルエンザ・肺炎球菌・BCGなど予防接種まとめ

育児・子供の病気

いつ受ける?何が必要?副反応は?インフルエンザ・肺炎球菌・BCGなど予防接種まとめ

%E3%83%80%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%AD%E3%
生後2か月を過ぎると、予防接種がはじまります。
予防接種の種類は?時期は?どのようなスケジュールで進めたらいいの?

 

ここでは、ヒブ・肺炎球菌やBCGなど定期摂取のものからインフルエンザ・B型肝炎などの任意接種のものまで、さまざまな予防接種についてまとめました。

 

 

予防接種の種類と時期について


病原菌を体に取り入れることで、その病気の免疫を付けるために行なう「予防接種」。
どんな種類があり、摂取する時期や月齢は決まっているのでしょうか?
 

ヒブ・肺炎球菌など定期接種の種類


子どもが生まれると、住んでいる自治体から予防接種のお知らせがもらえます。
地域ごとで、先に問診票が配られるなどさまざまですが、定期摂取に関しては費用はかかりません。
さまざまな種類について詳しく知っておきましょう。
%E3%83%80%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%AD%E3%

 

BCGワクチン接種の効果・接種時期


風疹・麻疹(MR)の効果・接種時期


 

四種混合の効果・接種時期


日本脳炎の効果・接種時期

 


 

インフルエンザ・ロタなど任意接種


任意接種に関しては、保護者が摂取するかどうかを決めて任意で受けます。
この場合には、自費で費用がかかってきますが、自治体によっていくらか負担してくれるものもあります。
 %E3%83%80%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%AD%E3%

インフルエンザ予防接種の効果・接種時期


 

B型肝炎の効果・予防接種時期

 


ロタウイルスワクチンの効果・接種時期


 

予防接種の副反応が心配!大丈夫?


予防接種は、大きな病気になることを防ぐというメリットがありますが、副反応というデメリットももちろん考えなくてはなりません。
 

こんな時には予防接種は受けられるの?


予防接種を予約していた前日にケツを出してしまったなどの体調不良の場合や、食物アレルギーなどがある場合には、予防接種は受けられるのでしょうか?
また、そもそも予防接種を受けるべきかどうかということを悩むママもいますよね。予防接種の疑問をまとめました。
 
予防接種は、1歳ごろまでには立て続けにさまざまな種類のものを打たなくてはならないので、大変ですよね。
しかし、予防接種を受けることによって子どもを大きな病気から守ることができる可能性が高まります。
積極的に予防接種を受けることをおすすめします。

 

(Photo by:写真AC

著者: katsuoさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

予防接種に関する記事

子どものインフルエンザ予防にワクチンを受けさせたいけど何歳からならOKなの?

インフルエンザの時期になったら予防接種を受けよう、と考えている方も多いかもし...

熱性痙攣を起こしたことのある子どもの予防接種は日を空ける必要がある!?

乳幼児が高熱を出したときに、全身がふるえて意識を失うのが熱性けいれんです。 乳...

予防接種の体験談

生後2か月 初めての予防接種 任意はどうする?

赤ちゃんが産まれて、こんなに予防接種の回数が多いとは思っていませんでした。 正直、かなり面倒くさい...

注射の痕が赤い>< これって大丈夫??

生後2ヶ月くらいから、予防接種ができるようになり、我が子も順番に行っていました。 初めての予防接種...

カラダノートひろば

予防接種の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る