カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. お風呂・スキンケア >
  4. お風呂 >
  5. お座りもできるようになった7か月の赤ちゃん!その分お風呂での洗い方も色々とあります!

育児・子供の病気

お座りもできるようになった7か月の赤ちゃん!その分お風呂での洗い方も色々とあります!

7a6c86a75cbdb8900ce3643d7ed0d196_s.jpg

赤ちゃんの体の発達によって、赤ちゃん自体、だいぶしっかりとしてくるのが7ヶ月頃です。筋肉が発達してくることによって、赤ちゃん自身もいろいろできることが増えていきます。

 

おすわりもできる!7ヶ月の赤ちゃん

7か月頃になると、筋肉の発達と共に腰がしっかりとして、ひとりで座っていられる子も多くなります。

まだ前かがみになってしまう子もいますが、だんだんと安定しておすわりができるようになってくるでしょう。

 

さらに、移動方法として「ずりばい」をする子も出てきます。これも腕に力がついてきたことによってできることですが、その分行動範囲も広がっていきます。

 

お座りができると洗い方も色々

ひとりでお座りができるようになると、お風呂での体の洗い方も色々と増えてきます。

もちろん慣れた今までの方法で洗うのもよいですが、体も大きくなり、動きも激しくなってくると、ちょっと危ないことも増えていきます。

 

お座りができるようになったことを機会に、体の洗い方を考え直してもよいですね。

 

・お風呂用ベビーチェアで洗う

ベビーチェアに座らせておけば、逃げ回ることもなく比較的簡単にできます。座った状態ならば、足の裏なども上手に洗えますね。

ただ座ったままでは、背中やお尻を十分に洗えませんから、最後に流すときなどは抱っこに変えて洗いましょう。

 

・バスマットの上に座らせる

ベビーチェアを嫌がる赤ちゃんもたくさんいます。

そんなときにはバスマットの上に座らせる、あるいは寝っころがらせる状態でもよいでしょう。

バスマットの上におもちゃなどを置いておけば、赤ちゃんも楽しいでしょう。

 

・つかまり立ちの練習がてら

お風呂でつかまり立ちをさせるのはちょっと怖いかもしれませんので、ママが抱えて立たせながら洗うのもよいです。

この状態なら背中やお尻が洗いやすいですね。

ただし、赤ちゃん自身も足元が滑りやすくなっていますし、ママの手元も泡で滑りやすくなっていますので注意してください。

 

不安ならば無理にする必要は全くありません。

 

動く分たくさん注意を

自分で動けるようになった分、たくさんの注意が必要です。

 

同時にお風呂の時間は、赤ちゃんには成長のための大きな刺激でもあります。赤ちゃんのご機嫌を見ながら、事故に注意しながら、適切な刺激をたくさん与えてあげてください。

(Photo by:写真AC

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

お風呂に関する記事

大人用のボディーソープを使っても大丈夫?赤ちゃんに与える影響とは

自分が使っているボディーソープで赤ちゃんも一緒に洗えたら、とっても便利ですよ...

イライラ!ペチン!を避けるために…11か月児のイヤイヤをを止める、3つの方法

  「初めて一人で立った!」と喜ぶママ・パパが出てくるのが、生後11か月の時期...

お風呂の体験談

お風呂大っ嫌いからお風呂に慣れるまで

新生児の頃、沐浴するとほわ~と気持ちよさそうな顔をし、お風呂好きで良かったねーなんて安心していたので...

お風呂解禁!いつから湯船に入れますか?

1ヶ月検診が終わったら、沐浴だったお風呂が湯船解禁になりますよね! みなさんはいつごろから一緒...

カラダノートひろば

お風呂の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る