カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. ピル >
  4. プレ更年期にピル処方を飲んでみよう

女性のカラダの悩み

プレ更年期にピル処方を飲んでみよう

 

プレ更年期

 

皆さんご存知の更年期を迎える10年ぐらい前の期間、30代後半から40代にかけて、ホルモンの感受性により、個人差があるのですが、更年期に近い症状が出る症状をプレ更年期といいます。


プレ更年期には、女性ホルモンが少しずつ減ってきて、お肌や新陳代謝・水分量、また、自律神経や免疫・内分泌系に変化が起こります。

 

プレ更年期には、身体症状としては以下のような様々な症状が出ることもあります。 

・生理の変化
・発汗
・冷え性
・めまい
・動悸
・疲労感、
・頭痛、
・肩こり、
・腰痛
・口乾感
・肌の乾燥、
・シミ、くすみ
・免疫力の低下
・心への症状も不安
・無気力感
・うつ
・不眠症

年齢的に家庭や仕事で、重要な役割の仕事を任され、ストレス過多となり、発症する仕組みといわれています。


低量用ピル

治療法としては、HRTよりもホルモン量の多い低用量ピルOCが有効です。

ピルは、排卵を止め、卵巣の機能低下を遅らせます。かも、減少してくる女性ホルモンを補えるので、プレ更年期の症状の緩和に効果があると証明されています。


PMS


ピルは、生理周期を安定させ、ホルモンバランスを整えるので、PMSを改善することもできます。子宮内膜もあまり厚くならないので、深刻な生理痛から解放されることができます。

 

但し、喫煙習慣のある方や心臓病のある方は使用できません。

 

その他に、漢方薬もよく使用されます。

・うつ感が重い場合は、精神安定剤

・めまいや発汗が気になる場合は、自律神経調整剤

 …なども利用すると、症状が即効で緩和されますよ。

 

プレ更年期症状がつらい場合、恐れずにピルを使用するのも1つの手段です。

 

 

(Photo by //www.ashinari.com/2012/05/22-362160.php)

 

著者: シッポさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ピルに関する記事

喫煙者のアフターピルは要注意!緊急避妊薬の副作用

タバコとピルは元々相性が良くありません。 今回は喫煙者が気を付けるべきアフタ...

こんなにたくさんある「ピル」の利点

  ピルの利点は、何と言っても飲み続けるだけで100%の避妊効果を得られること...


PMSの代表的治療薬!低容量ピル

PMSの治療に、私が実際に使用したのは低容量ピルです。 ピルは避妊薬として...

避妊だけじゃない!不妊治療におけるピルの役割とは?

ピルと聞くと生理周期をずらしたいとき、避妊したいときに使うホルモン剤だというイ...

カラダノートひろば

ピルの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る