カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. お風呂・スキンケア >
  4. お風呂 >
  5. イヤイヤ勃発にはおもちゃ!ダメなことはダメ!しっかり対応してあげたい10か月児のお風呂

育児・子供の病気

イヤイヤ勃発にはおもちゃ!ダメなことはダメ!しっかり対応してあげたい10か月児のお風呂

 89daffc7ec25d20b7510600fdc8b28ac_s.jpg

赤ちゃんも10ヶ月頃になると、だんだんと幼児の体型になってくると思います。活動的になり、ハイハイやつかまり立ち、つたい歩きをし始めた結果です。中には少しだけ歩ける子もいると思います。 

 

出来ることが増えてくる10ヶ月

10ヶ月の子というと、運動能力もそうですが、知能の発達も実感できる頃でしょう。

 

まだはっきりとした言葉を話さない子もいますが、「まんま」とか「わんわん」とかいった言葉を理解しようとする力はついてきます。これはママ・パパの真似をしようとしているためで、ここから一気に話せる言葉が増えていくでしょう。

 

また記憶力もある程度ついてきて、冷蔵庫にジュースがあったことなどを覚えていられるということもあります。 

 

お風呂イヤイヤ!いたずら大好き!

さて、この時期のお風呂の様子は?? 

 

突然のお風呂イヤイヤ!>

910ヶ月頃で、自我がはっきりとしてきて突然お風呂を嫌がる子も多いようです。特にこれと言った理由はないことが多く、成長の通過点として見守る方がよいでしょう。 

 

イヤイヤになったらおもちゃ!>

10ヶ月ならばおもちゃを手に取って一人で遊んでいられると思います。イヤイヤ!となってしまったらこうしたおもちゃに意識を逸らせるのは有効な手段でしょう。

 

音がしたり、水をジャバジャバできたり、興味を引くおもちゃを用意してみて下さい。

 

10ヶ月ともなれば、つまんだり、指で押したりだいぶ手先が器用になります。その動作を赤ちゃん自身もやりたいですから、そうしたおもちゃは喜んでくれるでしょう。 

 

危ないことは「ダメ」と伝える>

お風呂の温度調節に興味を持ったりすることもあるかもしれません。

急に熱いシャワーが出てきたらそれこそ危ないですよね。そんな場合には「これは触っちゃダメ」としっかり伝えましょう。

言葉の意味は分からなくても表情や声色などから、だんだんと覚えられる時期です。

 

おそらく1回では覚えられないと思いますので、危険なことであれば何度も繰り返し伝えてあげられるとよいです。 

 

ママ・パパは疲れちゃうことも・・・

出来ることが増え、周りを理解できるというのは赤ちゃんにとってこれ以上ない「楽しいこと」です。そのため、気に入った動作は繰り返しやってママ・パパの方が先に疲れてしまうかもしれません。

 

2人で上手に赤ちゃんの相手を代わりながら、辛抱強く付き合ってあげてください。 

(Photo by:写真AC

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

お風呂に関する記事

赤ちゃんって毎日お風呂に入った方がいいの?生後3か月まで&生後4ヶ月以降のスキンケア

赤ちゃんは、泥遊びをするわけでもない、外出するわけでもないのに毎日お風呂に入...

1人シャンプーデビューは4歳以上が多い!子どものシャンプーデビューのときに気になるアレコレ

 4、5歳にもなれば、幼稚園や保育園のつながりから、自分の子どもの発達について客...

お風呂の体験談

ママ1人でお風呂どうやって入れる?我が家の入浴方法

パパの帰りが遅く、子どものお風呂をママ1人で入れるという人少なくないと思います。 みなさんはどうや...

2人育児!2人いっぺんにお風呂に入れる我が家のやり方。

我が家の子どもは2歳と0歳の二人。 パパは帰りが遅いので、お風呂はわたしが一人でいれます。 これ...

カラダノートひろば

お風呂の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る