カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. ガン・悪性腫瘍 >
  3. 基礎知識 >
  4. 治療 >
  5. 化学療法 >
  6. 外来化学療法の良い点と問題点

ガン・悪性腫瘍

外来化学療法の良い点と問題点

薬の進歩とチーム医療の考え方の流行から外来化学療法を行う施設が増えてきています。

 

外来化学療法の特徴は以下のようになります。

 

良い点

・日常生活を送りながら治療をうけられるので精神的に楽で生活の質が上昇します

・仕事をしながら・会社に通いながら治療をうけられます

・入院することがないのでベッドの確保が不要になります

・入院費・ベッド代など患者さんの費用が軽減されます

・専任の薬剤師や看護師の指導がうけられます

  

問題点                    

・一人暮らしの患者さんは家での様子が心配です

・自宅が遠い患者さんは通院が大変です

・頻回の通院が必要な場合は費用がかさむこともあります

・多忙な外来だと注意深く観察ができないこともあります

・病院の施設の初期投資にお金がかかります

・外来治療のためにポート(注射針を指すための小さい器具)の留置が必要になることもあります

 

このように外来化学療法には良い点もあれば問題点もあります。

 

薬の開発が進んでいますので、時代の流れとしては外来化学療法へ向かうと思いますが、患者さんの治療は患者さんが中心になって安全第一で行うものですので、無理に外来での治療を行う必要はありません。

 

入院の方が安心できる患者さんの場合は、ぜひそちらを選んでくださいね。

(Photo by //www.ashinari.com/)

著者: albaitinさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

化学療法に関する記事

抗がん剤の量を減らす「極少量療法」 抗がん剤を減らして本当にがんは治るの?

  抗がん剤の治療では、どの抗がん剤を使ったとしてもほとんどの場合で副作用が見...

がんの症状の緩和や延命が可能?がん治療に使われる抗がん剤とは

がんの治療には薬物治療が行われることもあります。   抗がん剤が効くとは? 薬...


抗がん剤は複数処方が当たり前?「効果増強」「副作用低減」の多剤併用療法

  ひとつの薬を服用していると、その副作用に悩まされることになります。副作用を...

がん化学療法を受けた患者の苦痛とサポート

  がん化学療法を受けた患者が「苦痛」と感じることは、その年代における治療...

カラダノートひろば

化学療法の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る