カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 行事 >
  4. どうやってお祝いする?姉妹なら雛人形はそれぞれ?女の子の初節句までに知っておきたいこと

育児・子供の病気

どうやってお祝いする?姉妹なら雛人形はそれぞれ?女の子の初節句までに知っておきたいこと

 725212073a79f5dcd76b813dfb1d7e33_s.jpg女の子は桃の節句(3月3日)、男の子は端午の節句(5月5日)にお祝いする節句があります。

やはりこの行事もお宮参りなどと同じくこどもの健康を祈る行事です。今回は女の子の桃の節句にスポットを当てたいと思います。

 

女の子はひな人形

桃の節句には雛人形です。これは一般的に母方の実家が贈るとされていますが、高価なものになりますので、今では両家で分担して贈るということも多くなっています。

 

大体ですが、3月3日よりも2週間前に飾り付けをしましょう。

1年で出しておく日は限られています。数日しか出せないとお人形も可哀そうですので、せめても2週間くらいは飾れるようにしておくという考えが多いようです。

 

とはいっても、3月3日を過ぎてずっと出したままでいると、お嫁に行きそびれるという言われ方もします。

地域によっては旧暦の4月まで飾るところもあるようですが、日にちが過ぎたら、きれいにしまうのがよいでしょう。

 

また、出す日は雨の日、しまう日は晴れた日を選ぶと良縁に恵まれるとされています。

 

どうやってお祝いする?

初節句には特にお祝いの決まりはありません。両家の両親などを招いて、お雛様と子どもを囲んで料理をふるまいましょう。

 

その際、お雛様に桃の花を飾って、「ちらしずし」「ハマグリのお吸い物」「雛あられ」「ひし餅」「白酒」などがあると雰囲気が出ます。

 

ちなみにちらしずしの具には縁起の良い「レンコン」や「エビ」を使うといいでしょう。また、お吸い物のハマグリは女の子の美と貞操を意味するとされています。

 

姉妹の場合、雛人形はそれぞれ?

本来ならば、雛人形は一人に1つとされています。そのため姉妹でシェアしたり、母親の雛人形を子どもたちと一緒にということはありません。

 

というのも、雛人形はその子の身代りとなり、病気やけがなどから身を守ってくれる身代り人形とされているからです。

 

ただ小さいものではないので、場所をとってしまいますよね。そのため近年は、足りないもの(人形や装飾品)などを増やしたりするようです。

 

ある程度大きくなってからでも

まだお子さんが小さいうちには、イベント自体よくわかっていないと思います。

 

そのため、ママやパパが無理をしてする必要もありません。

ある程度お祝いなどの意味が分かるようになってから、「健康を祈る」ためにもお祝いをしてあげましょう。

みんなが楽しめるようになってからでも、全く問題はないですし、小さいうちには簡易的なものでもよいでしょう。

(Photo by:写真AC

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

行事に関する記事

どう作る?一生に一度しか作れない、赤ちゃんの「誕生筆」の持つ意味

赤ちゃんの「誕生筆」という言葉を聞いたことがあるでしょうか? 誕生筆や胎毛筆と...

産まれてからちょうど6カ月♪ハーフバースデーってどんなお祝い?

  子どものお世話をしていると、毎日のようにその成長を感じることと思いますが、...

行事の体験談

必見☆スタジオアリスの裏技!

お宮参り、百日、ハーフバースデー、初節句、お誕生日、七五三… 写真撮影をする機会ってたくさんあ...

1歳★誕生日【ケーキ編】

初めての誕生日、記念に残るものにしたいですよね。 息子のために作ったものだからと思い、普段なら...

カラダノートひろば

行事の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る