カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 行事 >
  4. どんな願いが込められている?なぜ豆をまく?子どもに分かりやすく伝えたい「節分」について

育児・子供の病気

どんな願いが込められている?なぜ豆をまく?子どもに分かりやすく伝えたい「節分」について

 4f8f6b83505ce1adcae7d3e23aac6e16_s.jpg日本は季節ごとに多くのイベントがあり、子どもも一緒に楽しむことができます。

2月には何のイベントが思いつきますか?バレンタインもありますが、子ども目線で言えば「節分」が楽しいイベントのひとつではないでしょうか?

 

豆まき!節分!

2月3日の節分に豆まきをした思い出はありますか?

大人になると、後始末などを考えてなかなか進んでやりませんが、小さいお子さんがいると楽しいイベントになります。

 

パパが鬼のお面をかぶって、子どもやママが「鬼はそと~!」と言って豆を投げるといった構図が多いでしょう。

小さいころでは、ただ「豆をまくのが楽しい」くらいの気持ちでしているかもしれません。

けれど少し大きくなってくると「なんで節分に豆をまくの?」と聞いてくる子も多いでしょう。

 

分かりやすく伝えたい!「節分」について

子どもに節分を分かりやすく伝えるために、どんなポイントを押さえておけばよいでしょうか?

 

そもそも節分とは?>

そもそも節分という字は「季節を分ける」と書きます。これはつまり季節の分かれ目ということです。

季節の分かれ目ですから、本当は4つの節分があるのですが、今は節分と言ったら2月3日のみと考えられるのが一般的です。

 

これは旧暦で2月3日が、新しい1年の始まる年だったためです。新しい年を迎えるにあたっての願いを込めて、節分のイベントが行われるということです。

 

どうして豆をまくの?>

昔、京都の鞍馬山から鬼が出てきたという話があります。

そのときに神様である毘沙門天のお告げで、鬼の目に豆を投げつけました。

それによって鬼を退治できたことから、豆を道具として使うようになりました。

 

このことから鬼(悪いこと)を追い払うため、1年を無病息災で過ごせるように、豆をまくことが、節分に定着したのです。

 

ちなみに豆は一般的に炒った大豆が使われます。けれど最近は投げた豆を食べるからと、殻付きの落花生を使用することもあるようですね。

 

「鬼は外!福は内!」て?>

「鬼は外!福は内!」という掛け声は、その文字の通り、「悪いことは外に出し、良いことは家に入れる」ということです。

ただ、地方によっては「福は内、鬼も内」というところもあるようです。

これは、その地方に伝わっている話として、昔鬼が村を助けてくれたという伝説があるためだそうです。

 

年齢に応じて伝える部分を選んで

最初から全部子どもに伝える必要はありません。「旧暦」などは小さいお子さんには理解が難しいですからね。

理解できるようになってきたら、徐々に分かる範囲で意味を教えてあげてください。

意味を知ることでより一層、節分を楽しむことができますよ。

(Photo by:写真AC

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

行事に関する記事

着こなしがわからない!「入学式・卒業式」親の服装のポイントは?

入学式・卒業式というのは、お子さまにとっても保護者にとっても、大事なセレモニ...

内祝いってなんだ?いつ?いくら?どこで?できれば出産前に知っておきたい、内祝いのアレコレ

 出産をするといろいろな方からお祝をいただくことがあります。 そのお返しとして...

行事の体験談

必見☆スタジオアリスの裏技!

お宮参り、百日、ハーフバースデー、初節句、お誕生日、七五三… 写真撮影をする機会ってたくさんあ...

1歳★誕生日【ケーキ編】

初めての誕生日、記念に残るものにしたいですよね。 息子のために作ったものだからと思い、普段なら...

カラダノートひろば

行事の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る