カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 目・まぶた >
  4. 老眼 >
  5. 若い人は特に注意!スマホ老眼…目の疲れを感じたときにする5つの対策とは?

気になる病気・症状

若い人は特に注意!スマホ老眼…目の疲れを感じたときにする5つの対策とは?

the-self-timer-694194_960_720.jpg

スマホなどから発せられるブルーライトが、目に悪いと言われていますよね。そんなスマホの目への影響ですが、「スマホ老眼」というものがあるようです。

「スマホ老眼」の予防法をご紹介します。

若い人は特に!スマホ老眼に注意!

老眼は45歳くらいをピークに発症する人が多くなると言われていますが、スマホの影響による2030代での発症が増えているといいます。

 

目への影響というとパソコンなども危険視されます。

しかし、とくにスマホ老が危険と言われるのは、スマホを使用するときの特徴に原因があります。

スマホは特に「画面が小さく文字が小さい」「目と画面の距離が近くなりやすい」ためです。

 

さらに常に持ち歩き、使用する時間が長くなりがちで、日々の目への影響が蓄積されやすいのです。

 

 

スマホで目の疲れを感じたら…その時の対策

目を長時間使用して目が疲れを感じるのは、当たり前のことでしょうか?

しかしそれが何度も何日も続けば、その疲労が定着していきます。そのため、目の疲れを感じたら、その時に対策することが必要です。

1.スマホの長時間使用を避ける

当然、原因となるものを絶てばある程度改善します。

 

2.目とスマホの距離を離す

近いところでピントを合わせるのは、とても目に負担がかります。そのため、目とスマホの距離は40cm以上離すのが良いとされています。

 

3.画面の明るさを暗めに

目に入ってくる光の量を少なくすることもよいです。

ただし、暗すぎると今度は、見にくいことで逆に目が疲れてしまいますので、ほどほどにしましょう。

 

画面の白い部分が光って見えたら明るすぎであり、白い部分がグレーっぽく見えたら暗すぎです。

周りの環境によっても見え方は少し変わりますが、一度この基準でチェックしてみてください。

 

4.一定時間で遠くを見る

ずっと近くを見ていると目の筋肉が緊張したままになってしまいます。たまに遠くを見ることで、筋肉の柔軟性を取り戻すことができます。

 

5.目の周りを温める

温めると血流がよくなり、固まった筋肉がほぐされます。血流を促すことによって疲労回復もしやすくなりますので、就寝前に行うのがよいでしょう。

 

 

本当は使用時間を減らすのが一番効果的!

本当ならば使わないことが一番目には良いというのは、誰もがわかることだと思います。しかし仕事や友人とのやりとりなど、生きていくのに欠かせないものになっている人も多いでしょう。その場合にはゲームなどの暇つぶしの時間をなくしましょう。

何よりもダラダラと使い続けないように、自分でスマホの使用時間について意識することが必要です。

 

 

(Photo by:pixabay

 

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

老眼に関する記事

老眼には早めの対策が肝心

  老眼というともうおばあちゃん、おじいちゃんというイメージがあるので、どうし...

老眼かな?と感じたら

    「細かい字が読みにくくなった」、「明るいところではものが見えるが...


眼の老化~「老眼」には視力の良い人のほうがなりやすい?!

「視力がいいから老眼になりやすい」という話を聞いたことはありませんでしょうか。...

スマホ老眼の原因と毎日できる予防や対策!20~30代も要注意!

老眼というと40代以降のイメージがありますが、ここ数年20~30代でも手元が見え...

カラダノートひろば

老眼の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る