カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. ガン・悪性腫瘍 >
  3. 基礎知識 >
  4. 治療 >
  5. 化学療法 >
  6. 抗がん剤使用のレジメンとは?

ガン・悪性腫瘍

抗がん剤使用のレジメンとは?

 

抗がん剤には多くの種類が存在しており、それらの薬を数種類組み合わせて使用されることが多いです。

 

レジメンとは?                 

レジメンとは抗がん剤や放射線療法などを単独あるいは併用で行う治療方法の総称のことです。

薬の種類と組み合わせの多様性からレジメンの数は相当なものになりますが、実際に用いられるものは以下の原則に従います。

 

・併用する個々の薬剤が抗腫瘍活性を有する。

・併用する薬物の毒性が重複しない

・併用する薬剤の抗腫瘍作用機序が異なる

・併用する薬剤の耐性獲得機序が異なる

・適切な投与量とスケジュールで投与する

・治療を継続できるように臓器毒性に応じて患者個々で投与量を調節する

これらの原則によってレジメンはかなり絞られます。

 

レジメンの多様化                

原則によって絞られると述べましたがより効果や安全性の高い新薬が開発されますので、今後もレジメンの多様化が進むと考えられています。

レジメンの種類によって投与方法や投与時間などが様々になりますので患者さんへのそれぞれのケアも必要になってきます。

 

レジメンによっては治療期間が長引くものや投与回数が多いものもありますので、しっかりと事前に患者さんへ説明して同意を得ることが重要になります。

 

医療の複雑化によって個人の努力や能力だけでは対応が難しくなってきていますので、患者さんを中心としたチームによる治療が進められています

 

 

 

(Photo by //www.ashinari.com/2008/11/16-010315.php)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

化学療法に関する記事

抗がん剤治療時は抗酸化物質『グルタチオン』は枯渇させるべき?

  『スルファサラジン』で還元型グルタチオンを枯渇させることががん死滅に繋...

抗がん剤の量を減らす「極少量療法」 抗がん剤を減らして本当にがんは治るの?

  抗がん剤の治療では、どの抗がん剤を使ったとしてもほとんどの場合で副作用が見...


がんの症状の緩和や延命が可能?がん治療に使われる抗がん剤とは

がんの治療には薬物治療が行われることもあります。   抗がん剤が効くとは? 薬...

外来化学療法の良い点と問題点

薬の進歩とチーム医療の考え方の流行から外来化学療法を行う施設が増えてきています...

カラダノートひろば

化学療法の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る