カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 着替え >
  4. しつけ >
  5. 「年齢別」で考える着替えのしつけ!成長に合わせて変えてあげるべき・考えてあげるべき

育児・子供の病気

「年齢別」で考える着替えのしつけ!成長に合わせて変えてあげるべき・考えてあげるべき

 e463c1ca6397adba38658bdf3c41eee4_s.jpg最初は何もできなかった子どもでも、だんだんと発達に伴ってできることが増えていきます。

「着替え」もそのひとつです。1歳半ごろからだんだんと、自分で着替えることについて興味が出てくると思います。

 

着替えのしつけ

大きくなれば当たり前にできる着替えでも、子どものうちは大人のようにうまくはいきません。

特に着替えはボタンやファスナーなど、指の細かい動きを必要とする作業です。

それに自分の体をうまく支えながら作業するというように、実は結構高度な動きだったりします。

 

新生児の時から比べると、1歳、2歳とだいぶ大きくなったように思えるでしょう。

しかし、それでも指の動きや重心移動などは、大人に比べればまだまだです。その点をよく知った上で、着替えのしつけについて考えていけるとよいですね。

 

年齢段階でみる着替えのしつけ

もちろん最初はママパパが着替えをさせてあげています。そして成長とともにだんだんと着替えについて興味を持ち始めます。

 

1歳後半>

だんだんと着替えについて興味を持ってきます。ただ、まだ自分で着替えることはできませんから、ママパパのお手伝いが欠かせません。

 

最初は着ることよりも、「脱ぐ」ことを自分でさせてみるとよいです。

途中まで靴下をおろしておいて、最後は自分で脱がせるなどしてみてください。

着ることにも挑戦してみたいならば、その場合も同様です。

 

「自分でできた!」「楽しい!」の感覚を持たせてあげることが大切です。

 

2歳>

自分でやりたい!の気持ちが強く出る子もいます。

 

ただ、上手になってきたとはいえ、まだ完全に自分でできるわけではありません。

ボタンをかけ違えたり、時間がかかることもたくさんあります。

自分でやりたい気持ちを尊重しつつ、うまくできないところをサポートしてあげましょう。

 

3歳>

だいぶ着替えも上手にできるようになってきますが、親の考えるようにパッと着替えるには至りません。

洋服が前後していたり、ボタンをかけ違えていたりするのは当然あります。おおらかに見守ってあげてください。

 

着替えやすい洋服を選ぶことも大事

最初のうちは、着替える楽しさを覚えてもらうために着替えやすい洋服を選んであげることも必要です。

また、お出かけや幼稚園・保育園などの日は、着替えるにしても時間の問題もあります。

そんな日には着替えやすい洋服にして、そうではない日にボタンなどの着替えるのに時間のかかる洋服にするのもよいですね。

(Photo by:写真AC

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

しつけに関する記事

ノロノロ着替える子どもにイライラ…子どもの着替えをスムーズにするための上手な方法とは?

 家を出る時間が迫っているのに、子どもの着替えがまだまだ終わらない…そんな経験多...

「そろそろ自分で着替えてほしいな」と、思ったときにできるママパパの働きかけとは?

 ママパパにとって子どもが自分でできることが増えるのは、嬉しいですよね。 正直...

しつけの体験談

パンツのはきかた

幼稚園では、入園してすぐはおトイレの指導があるようです。 自分でおトイレできるにしても、失敗も...

最近の小さい成長♪履けるかな?

昨日まで、自分で履かなかった靴下。 何故か今日は練習しています! やる気みなぎる...

カラダノートひろば

しつけの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る