カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 着替え >
  4. しつけ >
  5. ノロノロ着替える子どもにイライラ…子どもの着替えをスムーズにするための上手な方法とは?

育児・子供の病気

ノロノロ着替える子どもにイライラ…子どもの着替えをスムーズにするための上手な方法とは?

 862a5cf01e1d79bc6af355a358ce1b75_s.jpg家を出る時間が迫っているのに、子どもの着替えがまだまだ終わらない…そんな経験多くのママパパがしていると思います。

そんなノロノロの子どもの着替えは、どんなふうにしつければよいのでしょうか?

 

しつけと現実問題

子どもが自分で着替えることも、しつけのひとつですよね。

 

だからなるべく、時間がかかっても自分の力でやらせてあげようと思うかもしれません。

けれどその時間がないときもありますし、いつまでもノロノロなのも気になるでしょう。

 

そんなとき親は「もっとパッと着替えてくれないかな」とイライラしてしまいます。

多くの育児本に書いてあるように「早くしなさい!」「何度言ったら分かるの!」などの言葉はなるべく使わない方がよいでしょう。

けれど現実問題を考えると時間もないですし、イライラもする…難しいところですね。

 

子どもがスムーズに着替えるために

ママパパの働きかけ次第で、子どもはスムーズな着替えをしやすくなります。

 

・テレビは消す!おもちゃは片づける!

つまり子どもが着替えに集中できるよう、余計なものは視界に入れないようにするということです。

特にテレビを見ながら着替えをしていれば、どうしたって着替える手はおろそかになってしまいます。

 

「お着替えのときはテレビを消す」と約束し、それを徹底しましょう。

 

・競争する、競争させる

ママパパとでもよいですし、兄弟とでもよいですが、「どっちが早く着られるかな?!」と競争するのも有効です。

子どもが乗ってこないこともありますが、乗ってくれば競争が好きな子は多いですから使える方法です。

 

・自分で選んでもらう

自分が選んだ洋服だと、俄然着る気もふくらみます。

上に着るものだけでも、下に履くものだけでも、自分のお気に入りを選べば「じゃあ着てるところ見せて」と乗せられます。

 

ママパパによっては、お出かけの日は全身コーディネートを任せるのはちょっと…と思うかもしれません。

ですからお出かけ先などでうまく使い分けでください。

 

その子なりのスイッチを探す

子どもによっては競争が嫌いな子もいますし、ほかの兄弟のお手本になって着替えることに興味のない子もいます。

放っておいた方が自分で着替えるのが早い子もいるかもしれません。

 

いずれにしても「早くして!」と言っても、子どもがその通りになることはほとんどありません。

「子どもは着替えるのが遅いもの」という前提に立って、いろいろと試みてみる方がママパパは楽ですよ。

(Photo by:写真AC

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

しつけに関する記事

「年齢別」で考える着替えのしつけ!成長に合わせて変えてあげるべき・考えてあげるべき

 最初は何もできなかった子どもでも、だんだんと発達に伴ってできることが増えていき...

「そろそろ自分で着替えてほしいな」と、思ったときにできるママパパの働きかけとは?

 ママパパにとって子どもが自分でできることが増えるのは、嬉しいですよね。 正直...

しつけの体験談

パンツのはきかた

幼稚園では、入園してすぐはおトイレの指導があるようです。 自分でおトイレできるにしても、失敗も...

最近の小さい成長♪履けるかな?

昨日まで、自分で履かなかった靴下。 何故か今日は練習しています! やる気みなぎる...

カラダノートひろば

しつけの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る