カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 保育園・施設 >
  4. 保育園・幼稚園 >
  5. 幼稚園で流行る病気「1年カレンダー」季節ごとに、子どもの間で流行する病気を知っておこう!

育児・子供の病気

幼稚園で流行る病気「1年カレンダー」季節ごとに、子どもの間で流行する病気を知っておこう!

 ab790a8daac71a847b41d7e9bc184d2d_s.jpg幼稚園に通うようになると、それまで経験したことのないことを経験することもあります。

特に集団生活という場の中では、子どもは多くの刺激をもらって成長します。そして時に、流行りの病気をもらってくることもあります。

 

幼稚園でもらってくる病気

集団生活で病気をもらってくることは、どうしても避けられません。

 

もちろん子どもによって免疫力は違いますので、病気が流行っていても感染する子もいれば感染しない子もいます。

それでもやはり、集団生活の中での感染症は避けて通ることのできないものです。

 

流行する病気1年カレンダー

1年を通して、子どもの間にはどんな病気が流行るのでしょうか?

 

<春ごろ>

 

春は冬に流行したウイルスの勢力が減少してくる時期です。

そのため春から病気が流行し始めることはほとんどありません。

 

ただ、その年によって暖冬だったり気温のばらつきがあります。

そのためその年ごとの注意は冬に引き続いて必要でしょう。

 

また、春は入園や進級などといった、子どもの環境が変化する季節でもあります。それによって子どもが体調を崩しやすい側面もありますね。

 

<夏>

 

夏本番になると「ヘルパンギーナ」「手足口病」「プール熱」「夏風邪」などが流行します。

 

発熱をすることも多いですが、これらの病気は発疹や口内炎といった症状を伴うことが多いです。

 

洋服で隠されている部分に症状が出ますので、全身の症状に気をつけなければなりません。

 

<秋>

 

乾燥してくる季節でウイルスの勢力も増してきますので、気管支喘息などを持っているお子さんは体調を崩しやすくなるでしょう。

 

最近は秋の期間が短く、夏からすぐに冬に向かってしまう傾向があります。

そのため、流行する病気においても、冬に流行する「RSウイルス」や「ノロウイルス」などのスタート期間と位置づけられます。

 

季節の変わり目で、体調が安定しない時期でもありますので、その意味においては冬以上の注意が必要かもしれません。

 

<冬>

 

「インフルエンザ」「RSウイルス」「ロタウイルス」「ノロウイルス」などが流行します。

 

ロタウイルスやノロウイルスなどはおう吐や下痢を伴い、それがまた感染源にもなりえます。

そのため、家の中で感染予防にも気をつけなければいけません。

 

感染源になってしまうことにも注意

病気をもらってくることもそうですが、場合によっては子どもが感染源になってほかの子にうつしてしまうこともあります。

ですから、その点も頭に入れながら流行する病気について知っておきたいですね。

(Photo by:写真AC

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

保育園・幼稚園に関する記事

引越しなどによる幼稚園の転園に必要な手続きって何?

急な引っ越しでは様々な手続きが必要となります。 もし幼稚園や保育園に通って...

子ども・子育て新制度がスタート!?どう変わったの?

  かわいいお子さんと過ごす毎日はいかがでしょうか。『ずっと一緒にいたい!』『そ...

保育園・幼稚園の体験談

保育園に預けていた時、苦労したこと。

息子は今では熱を出すことがなくなりましたが、身体がとっても弱かったです。 3か月でも4か月でも入院...

保育園の持ち物が多い!ドタバタ解消テクニック

長男は9か月の頃から1歳3か月ごろまで保育園に通っていました。 保育園用に用意していた持ち物がとっ...

カラダノートひろば

保育園・幼稚園の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る