カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 健康食品・飲料 >
  4. 成分別 >
  5. 「カフェインレス・ノンカフェイン」で得られるメリットと知っておきたい安全な抽出法

健康診断・健康管理

「カフェインレス・ノンカフェイン」で得られるメリットと知っておきたい安全な抽出法

coffee-206142_640.jpg

近年、欧米のコーヒーチェーン店ではスタンダードになっている「デカフェ(カフェイン含有量が0.2%以下に除去されたもの)」が日本でも採り入れられるようになってきています。

 

また、コーヒーだけでなく紅茶や緑茶にも「カフェインレス・ノンカフェイン」の流れが広まってきているようです。

 

カフェインが避けられる理由と安全なカフェイン除去法について見ていきましょう。

 

カフェインがもたらす影響

カフェインは少量で時々摂取するのであれば「眠気覚まし」や「解熱」に有効ですが、大量・頻回の摂取では「依存・不眠・頭痛・高血圧・心疾患」などが生じる可能性があり、健康に悪影響を及ぼすと考える方も多くなってきています。

 

ただ、コーヒー豆からカフェインを除去する方法にはいくつかの種類があり、中には有機溶媒を使用し残留の可能性があるものも存在します。では、どの方法が安全性が高いといえるのでしょうか?

 

カフェインの大量摂取は悪影響? 

カフェインとは、アルカロイド(強い生物活性を持つ窒素含有の有機化合物)の1種であり、アデノシン受容体に拮抗し興奮作用を示します。主に、覚醒・解熱鎮痛・強心・利尿作用があり、医薬品では総合感冒薬や鎮痛薬に用いられています。

 

カフェインの有効性(一日3杯以下の適量である場合) 

・脳卒中予防

血栓溶解酵素(t-PA)を活性化し、血栓溶解促進する

 

・心不全の予防

抗酸化物質による動脈硬化予防、カフェインへの耐性による高血圧リスク低下

 

・ダイエット効果

脂肪分解酵素(リパーゼ)を活性化し、脂肪分解促進する

 

・眠気の軽減

交感神経を刺激し、覚醒を促す

 

・リラックス効果

副交感神経を活性化させ、リラックスを促す

 

一方で、人によってはカフェイン摂取が「不眠・胃腸機能障害・気分障害・偏頭痛」に繋がることがあるとされています。

 

またその他にも大量摂取で骨粗しょう症(カルシウム排泄)・貧血(鉄分の吸収阻害)・心不全(心拍数の増加による収縮機能低下)などの原因になる可能性も示唆されています。

 

また、代謝酵素CYP1A2で代謝されるため、この阻害作用のある薬と併用すると、血中濃度が高まり作用が強く出る薬物相互作用を示すことがあります。

 

コーヒーによるカフェイン摂取は、マグカップ1杯までが限度

カフェインの1日摂取基準は、国内基準はありませんが、海外125mg(フィンランド)~400mg(カナダ)程度とされています。

コーヒーはマグカップ1杯程度(=コーヒーカップ約2杯分)で基準量の125mgに達してしまいます。

 

■コーヒーカップ1杯分のカフェイン量(150ml当たり) 

・玉露(180mg)

・ドリップコーヒー(100mg)

・インスタントコーヒー(65mg)

・ココア(50mg)

・紅茶(30mg)

・緑茶(30mg)

 

代表的なカフェイン除去法3つと安全性について

では、「デカフェ」にする方法にはどのようなものがあるのでしょうか?コーヒー豆からカフェインを除去する製法(脱カフェイン法)には、大きく分けて以下の3種類があります。

1)有機溶媒抽出法

2)水抽出法

3)超臨界二酸化炭素抽出

 

このうち、安全性が比較的高いとされているのは2・3の方法であり、1に関しては有機溶媒が水抽出法よりも多く残留する可能性があるため日本では食品衛生法により輸入が認められていないようです。

 

現在の主流は、水抽出法に分類される「スイス式ウォーターメソッド」であり、コーヒーチェーンや市販品に数多く用いられています。

 

■有機溶媒抽出(ケミカル・メソッド)

蒸気でコーヒー生豆を膨らませ軟化させた後、水とジクロロメタンなどの有機溶媒の入った抽出槽に移し、脂溶性の高いカフェインを有機溶媒相に溶け出させ抽出するという方法です。

 

【メリット】水溶性成分の損失が少ない、安価である

【デメリット】風味が落ちる(カフェイン以外の脂溶性成分も同時に損失してしまう)、有機溶媒が微量残留する可能性がある

■水抽出法(ウォーター・メソッド)

1段階目に、水でコーヒー生豆を還流して水溶性成分ごとカフェインを抽出し、2段階目にこの抽出相へ有機溶媒を加えて、カフェイン抽出し、その後有機溶媒を除去した後元のコーヒー豆と混合して水溶性成分を豆に戻すという方法です。

 

【メリット】有機溶媒抽出法より安全性が高い(生豆に有機溶媒を直接接触させないため)

【デメリット】有機溶媒抽出より高価である、風味が落ちる、有機溶媒が微量残留する可能性がある

■超臨界二酸化炭素抽出

二酸化炭素に加温加圧し、「超臨界流体(気体と液体の両性質を持つ)」の状態にした後、コーヒー豆を接触させて、液体と気体の性質(豆内部への浸透性と容易な拡散(除去)性)を利用してカフェインを吸着し効率的かつ安全に除去できるという方法です。

 

【メリット】有機溶媒を用いないため安全性が高い

【デメリット】旧来の方法より高価である

 

■その他

□スイスウォーターメソッド(スターバックスやその他市販品で採用される水抽出法の一種)

カフェイン抽出の際に、カフェイン以外の成分が飽和濃度になった液体(それ以上溶出できない状態)にコーヒー豆を還流させ、豆からカフェインのみを抽出除去する方法です。

 

【メリット】有機溶媒を用いないため安全性が高い

【デメリット】旧来の方法より高価である

 

カフェインをやめると、神経興奮による不調が治まる? 

では、カフェインを除去すると体のどのような変化が現れるのでしょうか?実際にカフェインを抜きにして生活された方のブログでは、以下のような改善が見られたと述べられています。

 

・睡眠の質の向上

・胃腸の痛みやイライラの回数・肩こりが減少

・頭痛の回数の減少

・体の倦怠感が軽減

・生理前症候群(PMS)が減少

・貧血の改善

 

このように、カフェインを抜きにすることで、主に神経興奮による不調や依存による体のだるさが改善される可能性があります。症状に心当たりがあるものの原因が分からないという場合、一度カフェインを抜きにしてみることが解決の糸口になるかもしれません。  

(参照ウェブサイト:makimaki's blog 

(photoby:pixabay)

著者: あせちるこりんさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

成分別に関する記事

ミネラル吸収作用のある食物繊維『難消化性デキストリン』とは?

必須ミネラルを排出してしまう欠点を克服した、食物繊維『難消化性デキストリン』 ...

認知症に有効な物質『クルクミン(ウコン)』摂取には注意が必要

『ウコン』を摂取しすぎると、『肝炎』の恐れがある? 今月の(2014年3月)毎...


嘘?ホント?『クエン酸を摂取すると、疲労回復効果がある』の真実

疲労原因『乳酸』は間違い?! 最近、市販されている飲みものに「クエン酸入り...

高い抗酸化力のカテキン『EGCG』抽出には80℃加熱が必要?

高い抗酸化力のカテキン『EGCG』には、ビタミンの約90倍の効果がある 近年で...

カラダノートひろば

成分別の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る