カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 高血圧 >
  4. 薬物療法 >
  5. 基礎知識 >
  6. 降圧薬は原因に合わせて服用!高血圧の薬物療法について

生活習慣病

降圧薬は原因に合わせて服用!高血圧の薬物療法について

 

 

■血圧を下げて落ち着かせる降圧薬は、高血圧の深刻な人にとって手放せない対処法です。


高血圧も重度になると慢性化し、ちょっとのことでは血圧が下がらないようになってしまいます。


ストレス喫煙など外的な要因ではなく血管の硬化自律神経の失調など内的な要因による高血圧に切り替わってしまうのです。


そうした高血圧の段階によって、服用する降圧薬を選ぶ必要があります。

降圧薬はいまや数え切れないほどの種類が開発され、それぞれが異なるルートから血圧を下げる効果があるのです。
きちんと原因に合わせたい効果の降圧薬を選ばないと、逆効果となる場合もありえます。


■高血圧の原因


血液の量が多くなる
●血管が硬く細くなる
●ストレスによる血圧上昇


■高血圧の原因がきちんと把握できていれば、それに対応した降圧薬を見つければ良いだけの話しですが、実際には自覚症状の無い高血圧の原因を探るには、

多くの部分を推測に頼るしかありません。


原因不明な高血圧の場合、一つ一つ降圧薬を実際に試してみるという人体実験じみたことも必要となります。


さらには一つの降圧薬では効き目がない場合など、複数の異なる種類の降圧薬を試さなくてはいけないなど、まさに手探りの状態です。

 

 

(Photo by [//www.ashinari.com/2009/04/26-017743.php])

著者: トゥーさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

基礎知識に関する記事

降圧薬の服用のコツ

  高血圧を改善するために降圧薬を服用することになるとしても、ただむやみや...

高血圧の治療薬で尿を出す薬がだされた!尿を出したら血圧が下がる!?

高血圧の治療薬で尿を出す薬がだされることがあります。どうして尿を出すと血圧が...


高血圧ガイドライン~主な降圧薬の使用方法~

   血圧が上昇しても、正常な血圧にもどらず、それができずに高い血圧を維持する方...

最新版・2014年版の高血圧ガイドライン

  日本では高血圧は高齢者医療の中でも大部分を占めているもので、新しい薬や治療...

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る