カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 胆道・胆嚢・膵臓 >
  4. 胆石症 >
  5. 症状がなくても全摘出?胆のうを全摘出しても影響は少ない?日本人に多い胆石について

気になる病気・症状

症状がなくても全摘出?胆のうを全摘出しても影響は少ない?日本人に多い胆石について

  fef1d8b97ca1b27326cbcc66bcbcb10f_s.jpg

健康診断などでコレステロール値が気になっている人は多いと思います。このコレステロール値の高さは、放っておくと胆のうの病気の発症につながるかもしれません。 

 

胆石症という病気

プロレスラーの長与千種さんが20161月、胆石症の手術を受けたことを発表しました。

 

そもそも胆のうという臓器はあまりメジャーではないかもしれません。肝臓で胆汁という液体が作られると、胆管を通って胆のうに貯められます。胆汁は消化を助ける液で、食べ物が入ってくるとそれに反応して胆汁が放出されます。

 

胆石症は、その胆のうや胆管、肝臓に「石」ができる病気です。日本人に多いのはコレステロール結石といって、胆汁の中のコレステロール成分が多くなって結晶化します。

 

この石によって痛みを感じたりすることもあります。また、この結石がガン化する可能性もあるとされています。 

 

胆石があったら「胆のう摘出」?

胆石がある場合、痛みが生じることもあれば症状がなにもないこともあります。

痛みがなかった場合でも手術>

長与千種さんの場合、検査を受けてみてはじめて胆石が見つかりました。それまで自覚症状がなかったそうで、医師からも珍しいと言われたとのことです。

 

長与さんの場合、自覚症状がなくても胆のうをすべて摘出する手術が行われました。

 

どうして症状がないのに摘出?>

胆石は、場合によっては薬によって石を溶かす治療がとられることもあります。また、衝撃波によって石を小さくする治療法もあります。

 

長与さんの場合はっきりとはわかりませんが、これらの方法が適していなかったようです。石自体も大きく、保存療法によって改善する見込みも少なかったようで、全摘出という選択がされました。

 

また、こうした胆石はガン化する可能性が0ではないそうです。実際胆のうごと摘出してみて、胆石を調べてみたらガン化していたということも少なくないということです。

 

全摘出しても大丈夫なの?>

全摘出と聞くと大きなことのように思えますが、長与さんは手術の翌日から歩くなどのリハビリを開始しています。手術の方法が体に負担の少ない腹腔鏡手術であったことも関係していますが、胆のうという場所も関係しています。

 

胆のう自体は胆汁をためておく単なる貯蔵場所です。そのため手胆のう自体がなくなっても、肝臓で作られた胆汁はあり、それが十二指腸へ送られることは可能なのです。

 

もちろん貯蔵場所がないことで、放出する胆汁の量の調整は難しくなります。胆汁は油の消化に関わっているため、油の摂取には気をつけていかなければいけません。 

 

食後の腹痛には注意

胆のう・胆汁は食事に反応して働きます。そのため、胆石があり、症状があると、食後に腹痛などの形で起こることが多いのだそうです。日本人にとって胆石症は身近で10人に1人は胆のう結石を持っているとも言われています。

 

長与さんの場合は自分から健康診断を受けに行ったことで発覚しました。自分の健康が気になるという方は、一度調べてみてもよいかもしれませんね。 

(Photo by:写真AC

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

胆石症に関する記事

胆石って一体何?胆石ができるメカニズムと症状まとめ

  胆のうと胆管は、脂肪を分解する手助けを行う胆汁(たんじゅう)を送る機能を持...

胆嚢結石症いわゆる胆石の治療法と予防の仕方

    胆嚢結石症(胆石)による疝痛発作!放っておくと激痛に襲われますよ。 ...


胆石症・胆管結石におすすめの食事

  体内にできる石を結石といいます。 その中でも、脂肪を分解する手助けを...

胆のうや胆管に石ができる!症状と治療法まとめ

  「胆のうと胆管」は、名前を知ってはいてもその機能については、あやふやな方が...

カラダノートひろば

胆石症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る