カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 幼児食 >
  4. 好き嫌い >
  5. 子ども用ご飯を作る時間がない!子ども用・大人用をいっぺんにつくる時短料理術

育児・子供の病気

子ども用ご飯を作る時間がない!子ども用・大人用をいっぺんにつくる時短料理術

 8e5ce1afa1694af9c459834ae0b4b532_s.jpg幼児食では、子ども用は子ども用で作っているママパパもいると思います。

しかし、正直なところ時間もなくて、忙しくて面倒と思っているママパパも多いでしょう。

忙しいママパパに幼児食は大変!

共働きのママパパにとって、毎日の食事つくりは大変に思う育児の一つかと思います。

 

市販されているものを買ってくるのにも限界はあります。

それにできるならば、手作りのものを食べさせてあげることの方が、食育にもなります。

 

そうはいっても、いつもの大人の食事とは別にさらに幼児食を作るというのも大変です。

そこで、大人の食事も子どもの食事も、両方をいっぺんに作れる時短テクニックを紹介します。

 

子ども用・大人用いっぺんに作る方法

それぞれで作らなくても、子ども用をベースにして手を加えるだけで、子ども用も大人用も作れる方法をご紹介します。

 

<<時短カレー>>

香辛料のきいた刺激の多いものは、あまり子どもには向きません。

しかし、子ども用のカレーや甘口のカレーなども売られています。

 

そんなカレーだと、大人特にパパにとっては物足りないでしょう。そんなときにはこんな工夫をしてみてください。

 

・子どもように作って大人は食べる前にスパイスを足す

・大き目に野菜を切り、子ども用は食べる前にハサミで小さく切る

・子どもには食べる前に牛乳などを足して薄める

 

<<時短焼きそば>>

焼きそばも大人も子どもも好きですが、味がちょっと濃いめで気になるところもあると思います。そんなときにはこんな工夫はどうでしょうか?

 

・子どもの分1/2あるいは1/3の量で味付けしとりわける。その後残りの大人の分を、加えて味付けする。

・子どもの分は、ハサミで小さく切る

 

<<時短鍋>>

鍋物はそれ自体簡単にできますから、忙しいママパパには嬉しいですよね。

さらに野菜もたくさんとれますので、お子さんにも良いです。

鍋の場合はこんな工夫ができます。

 

・味噌ベースなら味に深みが出てみんな食べやすい

・大人は食べるときに、キムチ、ラー油、唐辛子など自分でカスタマイズする

 

 

かたさや大きさは後から調節できる

子ども用は大人よりも、柔らかめで、小さめにしていると思います。

かたさは子ども用として取り分けた後に、レンジで加熱してやわらかくすることができます。

そして食材の大きさは、大人用に作った後にキッチンばさみで小さく切ることができます。

 

全く最初から大人用と子ども用を分ける必要はありません。

カレーや焼きそば、鍋は内容を変えればある程度頻繁に使えますよね。

忙しいときにはぜひ活用してください。

(Photo by:写真AC

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

好き嫌いに関する記事

好き嫌いは褒めてなくそう!食事の雰囲気作りが実は重要なんです!

子どもの好き嫌いでお母さんがイライラしていると子どもにもストレスがかかります...

幼児食にも慣れてきたら…ひと手間加えて子どもの食経験にバリエーションを!!

 食べることが楽しいというのは、子どもの成長においてとても大切なことです。 成...

好き嫌いの体験談

緑のものを食べない!娘の離乳食の好き嫌い

離乳食の頃は好き嫌いのようなことはなかったと思うのですが、同じ食事になってからイヤイヤが出てくるよう...

子供に野菜を食べさせる!食べてくれた幼児食をご紹介

正直言うと私は昔から野菜やフルーツが苦手です。 結婚して主人のご飯を作るようになり、これではだ...

カラダノートひろば

好き嫌いの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る