カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 幼児食 >
  4. 好き嫌い >
  5. 幼児食での「食育」ってどんなもの?難しいことは考えなくても大丈夫!幼児の食育とは?

育児・子供の病気

幼児食での「食育」ってどんなもの?難しいことは考えなくても大丈夫!幼児の食育とは?

 d2445283feea774a199af84d200ece11_s.jpg

食事は人が生きる上で基本的なことであり、かつ、色々な面での成長のために欠かせません。健全な心身の基礎になるのが、食なのですね。

  

食育ってなんだ?

日本は非常に食が豊かです。

 

そのため、栄養や健康に配慮しない食事を、ずっと続けていくことも可能です。しかし栄養を含め、食経験、産地、健康など…食環境を高めることは、その人の人生を豊かにします。

 

食は人生の土台になっていると言っても過言ではありません。そんな食についての知識を深め、実践していくことが食育です。

 

小さい頃の食育は難しく考える必要はありません。「いただきます」「ごちそうさま」も食育ですし、みんなで食卓を囲んで「楽しい食事」を経験することも食育です。

 

 

幼児食を通しての食育

幼児食を通しての食育というのは、どんなことがあるのでしょうか?

 

・大人の食べる姿を見る

子どもは大人のすることをよく見ています。楽しそうに食事をしていれば。食事にポジティブなイメージを持つでしょう。お箸の持ち方もそうでしょうし、好き嫌いをしているかどうかもそうです。そんな大人の姿から子どもが学ぶ、まねるところは多くあります。

 

・色々な噛み方を体験する

「かたいもの」「やわらかいもの」「繊維質のもの」「弾力のあるもの」…食感が違えば噛み方も違ってきます。そんな経験をすることも非常に大切です。

 

・色々な食べ方を経験する

「手づかみ」「スプーン」「フォーク」「お箸」…食べ方にも色々とあります。持ち方もそうですが、この食事のときにはどの食べ方があっているのかを自分で考えることもしていきましょう。

 

・きれいに食べる

最初はできないかもしれませんが、マナーとしてきれいに食べることも必要です。「口を閉じて食べる」「こぼさないようにして食べる」「遊ばないで食べる」…などもだんだんと教えていきます。

・親は産地や旬にこだわる

今は○○さんが作った野菜などが売られていることがありますよね。そういったものについて、お子さんとお話しするのもよいでしょう。また、旬の食材を選ぶことはとても大切です。旬を体験させるということもそうですし、旬の食材は栄養がそうでないものよりも豊富です。

 

 

特別に食育と考えなくても

「食育」と考えると、ちょっと難しく思ってしまうかもしれません。けれど、幼児期の食育はそう難しいものである必要はありません。そもそもそんな小難しい話は子どもだって楽しくないですよね。基本的には「食事が楽しい」と思えるように心がけるのが大切です。 

 

(Photo by:写真AC

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

好き嫌いに関する記事

イヤイヤの激しさに重なって苦戦する「好き嫌い」!この時期特有の原因が隠れているかも!

 子どもも「自分」が出てくると、可愛いばかりではいられないところがあるでしょう。...

子供の「食」生活を見直したい!子供の健康に影響のある食生活とは?

いま、学校で授業の一環として取り入れられている「食育」。しかし子供の食育の基...

好き嫌いの体験談

緑のものを食べない!娘の離乳食の好き嫌い

離乳食の頃は好き嫌いのようなことはなかったと思うのですが、同じ食事になってからイヤイヤが出てくるよう...

子供に野菜を食べさせる!食べてくれた幼児食をご紹介

正直言うと私は昔から野菜やフルーツが苦手です。 結婚して主人のご飯を作るようになり、これではだ...

カラダノートひろば

好き嫌いの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る