カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 幼児食 >
  4. 好き嫌い >
  5. これは知っておかないといけない!幼児期の成長に必要&不足しやすい4つの栄養素

育児・子供の病気

これは知っておかないといけない!幼児期の成長に必要&不足しやすい4つの栄養素

 3cdc0e34a3ce928858f79459a1a149b0_s.jpg

お子さんの食事の中で不足している栄養素はありませんか?そうはいっても、毎日の食事を作るだけで精いっぱいで、栄養の細かいことまで考えられていないという人も多いのではないでしょうか? 

 

知っておこう!特に不足する栄養素

ハイハイから歩き出し、色々な動きができるようになってくると、行動範囲も広がります。その分ぷくぷくしていた体もちょっとスマートになってくるということもあるでしょう。さらに大人とはくらべものにならないくらい成長しているため、その分に栄養がたくさん使われているということもあります。

 

それはその分、消費しているカロリーが多いということですよね。もちろんその中で成長していくのに必要だけれど、不足しやすい栄養素というのもあります。

 

 

この栄養素の不足に注意!

成長のために欠かせないけれど、不足しがちな栄養素には何があるのでしょうか?

 

・カルシウム

骨、歯はもちろんのころ、血液、筋肉、神経においてもカルシウムはとても重要です。成長期にこのカルシウムは非常に重要な栄養素であり、不足しやすいのです。

 

カルシウムというと、「乳製品」や「小魚」などのほかにも、「納豆」「豆腐」などにもカルシウムが多く含まれます。

 

・鉄

子どもに限ったことではありませんが、そもそも人の体は鉄を吸収しにくいです。その上で、鉄は成長期に消費が激しく、不足しやすい栄養素です。

 

吸収率という点でいえば、レバーなどに含まれる動物性の鉄分の方が、ほうれん草などの植物性の鉄分よりも優れています。

 

・ビタミンA

栄養素においてはβカロテンと言われ、体の中でビタミンAに変換されます。

 

緑黄色野菜と言われる色の濃い野菜に多く含まれる栄養素で、免疫力を高く保つのに役立ちます。

 

・たんぱく質

主菜となる肉、魚などに多く含まれるたんぱく質ですが、これは体を構成する上でとても大切です。特に成長期の子どもは、たんぱく質に含まれる必須アミノ酸が必要です。

 

もちろん魚や肉もそうですが、植物性のたんぱく質もうまく組み合わせるのがよいでしょう。つまり大豆製品もうまく織り交ぜながら、摂取することが必要です。

 

 

特にカルシウムと鉄

中でも特に「カルシウム」と「鉄」は、成長に必要であり不足しやすいです。不足しやすい栄養素を知っているだけでも、食材を買うときに意識が向き、食事の作り方は多少変わってくるでしょう。

  

(Photo by:写真AC

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

好き嫌いに関する記事

急に好き嫌いが・・子どもの食事で困った時の対処法とは

  1歳を過ぎるとこれまで何でも好き嫌いなく食べていたのに急に食べなくなること...

子供の好き嫌いをなくしたい人必見!1~4歳児の好き嫌い改善方法

子供の好き嫌いは今のうちになくしてあげたい…そんな人は多いはず。 今回は子...

好き嫌いの体験談

緑のものを食べない!娘の離乳食の好き嫌い

離乳食の頃は好き嫌いのようなことはなかったと思うのですが、同じ食事になってからイヤイヤが出てくるよう...

子供に野菜を食べさせる!食べてくれた幼児食をご紹介

正直言うと私は昔から野菜やフルーツが苦手です。 結婚して主人のご飯を作るようになり、これではだ...

カラダノートひろば

好き嫌いの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る