カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠・出産まとめ >
  4. 病院を選ぶ前に自分がどう産みたいかを考えましょう!産院・病院の選び方まとめ

妊娠・出産

病院を選ぶ前に自分がどう産みたいかを考えましょう!産院・病院の選び方まとめ

a3528e0b42bfca3e3aba6ba98479c8d3_s.jpg

「生理が遅れている」「市販の妊娠検査薬で陽性が出た」

こんな時は、なるべく早めに病院を受診することをオススメします。

 

病院は産婦人科のあるところを受診するのですが、一口に産婦人科のある病院といっても総合病院や、産科専門病院、または助産院などいろいろありますね。

 

ここでは産院・病院の選び方についてまとめてみました。

 

妊娠したことが分かったら始める病院選び。選ぶポイントは?

病院の種類には大きく分けて「総合病院」「産科専門病院」「助産院」があります。

それぞれの特徴とは?

 

総合病院のメリット・デメリットとは?

394901e1acdfe7a00a97a420031a6342_s.jpg

妊婦さん自身にハイリスクな要因(持病・高齢・多胎など)がある場合、総合病院がオススメです。普通の産科病院や助産院から紹介されることもあります。

 

産婦人科専門病院のメリット・デメリットとは?

9fc065709b6e0ce01b603a4267b8ac05_s.jpg

妊婦さん自身に特にハイリスク要因が無く、産後のサービス(エステや食事)なども重視したいのなら産科専門病院がオススメです。

 

助産院のメリット・デメリットとは?

より出産にこだわりがあるのなら、助産院での出産もオススメです。リラックスして自然な出産に臨めます。ただし当然デメリットもあります。

 

母乳育児や母子同室にこだわりたいかどうかも大事です

病院によって入院中は母子同室(親子一緒の部屋でずっと過ごす)、母子別室(授乳時以外は親子が別室で過ごす)の違いがあります。また母乳育児を推進している病院とそうでない病院もあります。

 

バースプランを考えてみましょう

90fd31603d47a2b72ad79001b0d7b6aa_s.jpg

病院を選ぶ際には、妊婦さん自身が考えるバースプラン(どんな風に産みたいか)も一つの基準になります。

 

病院を受診しない「未受診妊婦」はこんなリスクが!

病院を受診しない「未受診妊婦」はとてもハイリスクです。事情もあるかもしれませんが、妊娠が疑わしい時は必ず病院へ行きましょう。相談にも乗ってもらえます。

 

自身が「○○病院がいい」「助産院で出産したい」と望んでいても、ハイリスクが発覚して希望が叶わないこともあります。

それでも口コミや評判、自宅からの距離なども参考にして、自分が行きたい病院へまずは出向いてみましょう。

 

(Photo by:写真AC

著者: mikanman09さん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

妊娠・出産まとめに関する記事

出産や陣痛の痛みの恐怖。出産前に心がけたいこと、出産準備まとめ

いよいよ我が子との対面です。出産はママも赤ちゃんも命がけです。不安もたくさん...

【妊活】赤ちゃんがほしいと思ったらまずタイミング法を。病院で行なう場合の費用や回数

妊娠をするためには性交をする必要があります。卵子と精子がちょうどそのタイミングで...


妊娠初期のNG行動、夫との接し方、イライラ解消法まで!妊娠初期に知りたいまとめ

赤ちゃんができたかもしれない…妊娠の可能性がある場合は、早くからママになるた...

妊娠後期(8,9,10ヶ月以降)心と身体の出産準備!妊娠後期の過ごし方まとめ

いよいよ妊娠生活も終盤。お腹はますます大きくなり、動くのもしんどくなってきま...

カラダノートひろば

妊娠・出産まとめの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る