カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 幼児食 >
  4. アレルギー >
  5. はじめての幼児食で味付けの仕方がわからない…幼児食で使う「各調味料の目安」

育児・子供の病気

はじめての幼児食で味付けの仕方がわからない…幼児食で使う「各調味料の目安」

 c52cd32b15aaa8f607ae579b403ef5e5_s.jpg

1歳半くらいから幼児食」といっても、最初は「いったいどうやって作ったら…」とわからないことだらけのママパパが多いと思います。いざ作るとなったら、各調味料での味付けなどは、具体的にどうすればよいのでしょうか? 

 

幼児食で困る「味付け」問題

離乳食を卒業して幼児食が始まるとなったとき、ぶつかる壁の一つが「味付け」だと思います。

 

まず大人と同じでよいのかどうかですが、大人と同じでは×です。幼児食は色々な意味で大人の食事の準備をします。その段階ではまだ、大人と同じ味付けは刺激が強すぎます。

 

幼児食は基本的に「薄味」で料理します。

 

 

各調味料の目安

幼児食は色々な味を経験する時期でもあります。そのために色々と調味料は使用すると思いますが、そのときにどれくらいを目安にすればよいのでしょうか?

 

・塩

塩味は食事の基本です。年齢にもよりますが1g~4g未満程度です。小さじ15gを超えてしまいますし、麺などには塩分が多く含まれていますので注意しましょう。

 

・しょうゆ

しょうゆは風味づけ程度に使うのがよいです。しょうゆにも塩分は含まれますから、その点も注意したいですね。

 

・味噌

出汁入りの味噌は控えるようにしましょう。大人にする味付けの24倍くらいの薄さになるように調節して与えます。

 

・砂糖

糖分は米や果物など多くの食材にすでに含まれています。そのため使用は控え、もし使うのならば風味づけ程度にしましょう。

 

・みりん

みりんはアルコールを含みますので、使用する際には十分にアルコールを飛ばすことが必要です。また糖分が多く含まれるので、砂糖同様少量の使用にとどめた方がよいです。

  

・食用油、バター

油は肉や魚などからも摂取できますので、調理用にほんの少し使う程度でよいでしょう。 

 

・マヨネーズ

マヨネーズは多くの油を含みますので、食用油やバター同様、使用に少量の使用にとどめましょう。

 

・ケチャップ

ケチャップは一見トマトの加工品で健康に良いように見えますが、塩分などを多く含み味が濃いです。そのため、ケチャップだけを使うなら風味がわかる程度にしましょう。多めに使うならば、生のトマトをレンジでチンして水分を飛ばし、ケチャップと混ぜてかさ増ししてもよいです。あるいは無添加のトマトピューレを使ってもよいですね。  

 

 

基本の味付けは塩やしょうゆ、味噌で、もちろんベースは出汁や素材のうまみです。そして、その上でちょっと風味付けをしてあげる感覚でよいでしょう。もちろん成長に合わせて、お子さんの許容範囲を考えてあげていってください。  

(Photo by:写真AC

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

アレルギーに関する記事

うちの子はアレルギーがあるの?離乳食開始前のママの不安解消法とは?ママができる最善策

近年、アレルギーを持って生まれてくるお子さんは実に多いと言われています。アレ...

成長とともに食べられるようになる場合も!子供の食物アレルギー

■食物アレルギーってどんな病気?食物アレルギーとは、ある特定の食べ物を食べた後に...

アレルギーの体験談

アレルギーの子供に!ジャスミン米パスタ☆

アレルギーっ子の子供にいろいろなものを食べさせたくて、日々色々と探しています! 今回はジャス...

大変だけど好きになった料理☆

【ほとんど料理しなかったわたしが、】 子供が産まれるまでは外食が好きだったし、ほぼ実家暮らしだ...

カラダノートひろば

アレルギーの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る