カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 幼児食 >
  4. レシピ >
  5. 幼児にカフェインって大丈夫?ダメ?子どもへの影響が気になる「ココア」「お茶」のカフェイン

育児・子供の病気

幼児にカフェインって大丈夫?ダメ?子どもへの影響が気になる「ココア」「お茶」のカフェイン

 33dcfdfd102142090dc207ae1aa29fa6_s.jpg

カフェイン中毒ということがあるように、大人でもカフェインによる体への影響があるとされています。そのことから、子どもにカフェインを与えるということは、基本的にはいけないことという認識がある人も多いのではないでしょうか? 

 

子どもにカフェインって大丈夫なの?

妊娠中のママはカフェインを控えなさいと言われるかもしれません。

 

では生まれてからある程度たって、幼児期になったらカフェインの摂取はどうなのでしょうか?もちろん、幼児がブラックのコーヒーをそのまま飲むことはないでしょう。コーラにもカフェインが含まれますが、コーラなどの刺激の強いものも飲ませないと思います。

 

ただ、お茶やココアなら幼児にでも飲ませられそうですよね。むしろお茶やココアなら体によさそうな気すらします。そう言った飲み物は、まだ幼児食を食べている年齢で飲ませても大丈夫なのでしょうか?

 

 

ココアやお茶のカフェイン

子どもに飲ませる可能性の高い、「ココア」「お茶」のカフェインについて書いていきます。

  

ココアのカフェイン

大手の食品会社であれば、HPなどで幼児に与えた場合の影響などを明記しています。

 

それによりますと、基本的にはココアに含まれるカフェイン量はコーヒーなどよりも少ないので、あまり問題はないというところが多いです。ただ、わずかでも含まれていることは含まれていますので、与える際には様子を見ながらという注意も添えてあります。

 

 

お茶のカフェイン

お茶といっても今は緑茶だけではなく、色々な種類のお茶が出ていますよね。

 

例えば「麦茶」「ルイボスティー」「黒豆茶」「甜茶」「杜仲茶」「どくだみ茶」「コーン茶」…などはノンカフェインのお茶です。逆に緑茶などは自分で入れるものなどもあり、濃く入れればカフェインが多く含まれます。

 

カフェインが含まれるお茶であっても、水などで薄めれば問題はないようです。実際、大人の飲むお茶は幼児には苦みが強く、薄めないと飲めないことも多くあります。

 

 

幼児に対してカフェインを絶対に与えてはダメということはないです。ただし、多くの初めて食べる食材と同じように、最初は「少しずつ」「様子を見ながら」がよいですね。カフェインを与えることが怖ければなにも積極的に与える必要はなく、ノンカフェインのものを与えればよいのです。

 

(Photo by:写真AC

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

レシピに関する記事

お弁当の定番&成長期には欠かせない『卵焼き』を使った、子どもが野菜を摂取する方法☆

子どものお弁当は、おいしさはもちろん栄養素も考えながら作りたいと思っている方が...

子どもが貧血気味…。鉄分を効率よく吸収できる食材おしえます!

偏食による子どもの鉄分不足…心配ですよね。 貧血は成長もさまたげるので、鉄分を...

レシピの体験談

美味しい手作りおやつ!

子どものおやつって、悩みませんか? 小さい時は、朝の10時におやつ、15時におやつ、と規則正しいリ...

ズボラでも簡単、スープジャーでおやつ作り

スープジャーで離乳期から幼児期、大人まで食べられる 暑い時期におすすめの簡単おやつをご紹介します。...

カラダノートひろば

レシピの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る