カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 幼児食 >
  4. 好き嫌い >
  5. ちょっといつもとは違うことで工夫を!こんな工夫でイヤイヤ2歳児の気をそらしてみて!

育児・子供の病気

ちょっといつもとは違うことで工夫を!こんな工夫でイヤイヤ2歳児の気をそらしてみて!

 42816347d232d87d759dea090c71cbe8_s.jpg

成長のために必須の食事ですが、子どもの方がお構いなしにそれを「嫌!」と食べたがらないことがあります。特に2歳のイヤイヤ期に入ると、それも顕著になります。せっかく栄養も考えて作ったのに、機嫌で食べないというのも悲しいですよね。 

 

イヤイヤばかりで食べない2歳児

急激に成長している幼児期には、どんなものを食べさせるべきか悩んで献立を決めているママパパもたくさんいるでしょう。その一方で子どもは大人の配慮などどこ吹く風で、むげにすることもたくさんあります。

 

中でも、何に対しても「イヤイヤ」が激しい2歳児は、気分で食べないことも多くあります。

 

 

イヤイヤの気をそらす方法

2歳児のイヤイヤが始まったらどうしていますか?その時にできる対処法をご紹介します。

 

・ママパパはテンション高めで

ご飯を作り終えてさぁご飯となると、一仕事終えたという感じでなかなか難しいかもしれません。けれど、子どもは低めのテンションで食事に入れば、それにつられてしまいます。

 

ここはもうひと踏ん張りして、「さ、食べよう!」「お腹ペコペコだ~」「おいしそうだねぇ」など楽しそうな雰囲気を出し、興味を引き出してあげてください。 

 

・食べるのを手伝わない

2歳児なら少しずつ自分で食べられるようになってきていると思います。そんなときには、お手伝いしないで自分の力で食べさせてみましょう。「自分でできる」の心を満たしてあげられます。

 

自分で食べる場合には、それなりに食事の工夫も必要です。小さいおにぎりにしてみたり、つかみ食べもできる形にしてみるとよいでしょう。 

 

・食器を大人と同じにする

2歳児のイヤイヤは、「自分でできる」という気持ちが根底にあります。そのため、「大人と一緒」というのは子どもの心をくすぐります。もちろんお皿など割ってしまう可能性もありますが、そこはママパパが気をつけてあげてください。 

  

  

きちんと食事のマナーを教えることも大切です。そのためには叱ることもあるでしょう。けれど基本的に子どもは心から悪意を持って、イヤイヤをしているわけではありません。その点を理解し、子どもも大人も気持ちよく食事ができるように工夫することが必要ですね。

  

(Photo by:写真AC

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

好き嫌いに関する記事

1歳半の幼児は好き嫌いがたくさん!「野菜」が嫌いな場合の原因、対処法

幼児の食生活で多い悩みには「小食」「大食」「偏食」などなどが挙げられます。 ...

子どもも一緒に楽しめる!好き嫌いをなくす4つの方法

  好き嫌いはほとんどの子どもに見られるもので、成長の一環と言えます。しかし親心...

好き嫌いの体験談

緑のものを食べない!娘の離乳食の好き嫌い

離乳食の頃は好き嫌いのようなことはなかったと思うのですが、同じ食事になってからイヤイヤが出てくるよう...

子供に野菜を食べさせる!食べてくれた幼児食をご紹介

正直言うと私は昔から野菜やフルーツが苦手です。 結婚して主人のご飯を作るようになり、これではだ...

カラダノートひろば

好き嫌いの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る