カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児 >
  3. 幼児食 >
  4. 今だから大注目!使い勝手も実はいい!あえて「昔ながらのおやつ」を子どもにあげたい!

育児

今だから大注目!使い勝手も実はいい!あえて「昔ながらのおやつ」を子どもにあげたい!

 4781a75104c32ee7a69ed6df223b30cc_s.jpg

小さなお子さんのおやつは何をあげていますか?毎日ママパパの手作りおやつをあげているという家庭もあるでしょう。もちろん毎日のことを考えると、手作りにも限界があります。そのため市販のおやつに頼っているという家庭も多くあると思います。

 

昔ながらのおやつに注目!

成長真っただ中の子どもにとって、おやつは重要な存在です。

おやつといってもケーキやチョコレートをあげている家庭もあるでしょう。あるいは他の3食での食が細いため、おやつといってもおにぎりなどをあげている家庭もあると思います。

重要な存在のおやつに、何を与えるかで悩むママパパも多いでしょう。そこで今回は昔ながらのおやつにスポットを当てて紹介したいと思います。

 

  

子どもにあげたい!昔ながらのおやつ

・干し芋

今のママパパでも、あまり干し芋は食べないという方が多いのではないでしょうか?

干し芋というとちょっとかたいイメージがあるかもしれませんが、「柔らかく」「噛みやすい」ものもあります。さらに干し芋は「手で持ちやすい」という点でも、幼児のおやつとして適しています。

ただし、砂糖がかかっているものもありますので、砂糖不使用のものを選ぶようにしましょう。また、水分が奪われるのできちんと水分補給しながら食べさせてください。

  

・スルメ

ちょっと大きくなってからでなければ食べられませんが、スルメもおやつになります。

たくさん噛まなければいけないので、歯やあごへのいい刺激になります。噛むことは脳の活性化にもなりますし、満腹感も得やすいです。さらに噛むことで唾液がたくさん出ますので、虫歯の予防にもなります。

こちらも食べていると水分が奪われるので、きちんと水分補給をしましょう。

  

  

1回の量はきちんと決めてあげて

干し芋もスルメも1回分の量は、しっかりと決めてあげましょう。チョコレートやケーキよりも罪悪感がないからといって、求められるままにあげるのはいけません。

 

干し芋やスルメは出先にも持っていけますし、保存が効きます。そのため、買っておけばいざというときに使えますので、使い勝手がよいです。ママパパはあまり親近感がないかもしれませんが、もしかしたらお子さんは喜んで食べてくれるかもしれませんよ。

 

おやつを考えることは、ほかの3食の栄養を見直すことともいえそうですね。

  

(Photo by:写真AC

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

幼児食に関する記事

お弁当の果物、酸化させたくない!バナナとリンゴの酸化防止術☆果物が参加する理由は○○だった

お子さんのお弁当に果物を入れる時、どうしても酸化してしまうことが気になりますよ...

イヤイヤの激しさに重なって苦戦する「好き嫌い」!この時期特有の原因が隠れているかも!

 子どもも「自分」が出てくると、可愛いばかりではいられないところがあるでしょう。...

幼児食の体験談

アレルギっ子に☆米粉とバナナのパンケーキ

小麦、卵、乳製品の食べられない息子に! 米粉で作ってみました!【材料】米粉…100g ベーキング...

美味しい手作りおやつ!

子どものおやつって、悩みませんか? 小さい時は、朝の10時におやつ、15時におやつ、と規則正しいリ...

カラダノートひろば

幼児食の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る