カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠・出産まとめ >
  4. 分娩の種類はいろいろ! 普通分娩、和痛分娩、帝王切開などのまとめ

妊娠・出産

分娩の種類はいろいろ! 普通分娩、和痛分娩、帝王切開などのまとめ

72a6d56b8266dca343e2add532d55043_s.jpg

長い妊娠生活のクライマックス「分娩」。痛くて辛い分娩を乗り越えれば、新しい家族との感動のご対面が待っています。

そんな分娩ですが、いろいろな種類があり、時には医師の医療介入が行われることもあります。

 

ここでは分娩の種類、どんな医療介入があるのか、立会い出産や自然出産へのこだわりへの対処法などについてお伝えしていきます。

 

分娩の種類について知ろう!経膣(普通)分娩、帝王切開、自然分娩など

分娩方法には様々なものがあります。自分の希望を医師や助産師に伝えながら、納得できる分娩方法を考えていきましょう。

 

経膣分娩の痛みを軽減!和痛(無痛)分娩とは?

9fc065709b6e0ce01b603a4267b8ac05_s.jpg

麻酔を使用しながら行う「和痛(無痛)分娩」。全く痛み無く産める訳ではありませんが、かなり母体への負担が軽減されます。

 

医療介入その1.「帝王切開」について

0b7ceb1276ce307f9044b15e227ed397_s.jpg

大きく分けて、逆子が直らず手術日を決めて産む予定帝王切開、陣痛中にトラブルが起きて行う緊急帝王切開があります。

 

医療介入その2.「分娩誘発」について

経膣(普通)分娩の場合、場合によっては自然な分娩の進行を待たず、医療介入によって人為的に分娩を進めることがあります。

 

長く続く痛み・・・帝王切開後の痛みへの対策

364b61a4255dec4fe3324727865ce351_s.jpg

帝王切開は開腹手術ですから、回復までには普通分娩の人よりも長い時間がかかります。痛みへの対策などをまとめました。

 

立会い出産どうする?メリット・デメリットとは?

立会い出産して欲しいとママが望んでいても、その希望が叶わないこともあります。普段からパパとよく話し合っておきましょう。

 

自然出産にはこだわりすぎないで!

どんなに自己管理を徹底していても、いざ出産本番でトラブルが起きて望まぬ医療介入をしなければならなくなることはよくあることです。あまりこだわり過ぎないようにしましょう。

 

お産は何が起こるかわからないもの。そのため自分の望んでいた分娩方法ではなくなることもよくあることです。

意に介さないことが起こったとしても「赤ちゃんと自分の安全のためにこれが一番ベストだったんだ」と気持ちを切り替え、その後の育児に臨んでいきましょう。

 

(Photo by:写真AC

著者: mikanman09さん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

妊娠・出産まとめに関する記事

切迫早産の原因は?切迫早産中の過ごし方は?つらかったことは?ママ達の体験談をまとめました

切迫早産とは、妊娠22週~37週までに生まれてしまう「早産」になる恐れが...

つら〜い「つわり」ってどんな症状?対策まとめ(妊娠初期〜妊娠後期)

妊娠が分かると幸せな気持ちとともに「つわり」がやってくることが多いと言われます。...


【つわり】先輩ママの体験談☆いつから始まる?症状は?どうやって乗り越えた?

妊娠中のママの悩みとして多いのが「つわり」です。 妊娠初期のつわりは、いつ頃か...

朝も昼も夜も、ずっと眠くて眠くてたまらない…。これもつわりの一種なの?

眠くてたまらない眠り悪阻。 他の、具合が悪くなる悪阻に比べたらとっても楽でいい...

カラダノートひろば

妊娠・出産まとめの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る