カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. トラブル >
  4. 感染症 >
  5. りんご病、おたふく風邪に注意!妊婦さんのご家族や妊娠希望の方は前もって予防接種を

妊娠・出産

りんご病、おたふく風邪に注意!妊婦さんのご家族や妊娠希望の方は前もって予防接種を

妊婦さんは一人の体ではありませんから、感染症などには十分注意をしなければなりません。特に、2016年に注意が必要とされている感染症を知っていますか?それは「りんご病」「おたふく風邪」です。もし抗体を持っていない妊婦さんは、赤ちゃんのためにもしっかり対策しなければいけません。 今回は、「りんご病」「おたふく風邪」の症状や感染した時の母体への影響、予防策についてまとめました。

 

2016年に妊婦さんが注意の感染症

2016年ですが、国立感染症研究所によると「りんご病」と「おたふく風邪」の流行の兆候が確認されています。りんご病に関しては、すでに流行している状態。妊婦さんでなくても、子どもの頃に感染を経験していないという方は、大人になってからより重症な症状を伴って感染することもあります。。子どもの病気だと思わず、しっかりと予防対策をすることが大切です。 

りんご病

りんご病は、正式には「伝染性紅斑」と言います。

ほっぺたが真っ赤になるイメージを持っている人が多いのではないでしょうか?このりんご病は46年の周期で流行するとされており、前回の流行が2011年でした。¥実際2016年は、りんご病の患者数が、この10年間で最も多くなっていると確認されており、感染をしないように注意をする必要があります。

妊婦さんが感染した時の影響

妊婦さんが、りんご病に感染した場合、胎児の組織に水がたまる胎児水腫になる可能性があります。また、流産のリスクも高くなります。赤ちゃんの安全のためにも感染をしないように気を付けたいですね。 

おたふく風邪

おたふく風邪は、まだ流行状態とはされていません。しかし、患者数が徐々に増えていて流行の兆しがみられています。

おたふく風邪の正式名称は「流行性耳下腺炎」。ウイルスが体にいる間、耳やあごの下が腫れて熱を持ちます。 

 

妊婦さんがおたふく風邪に感染すると?

妊婦さんがおたふく風邪になったことでの胎児への影響は、明確には確認されていません。ただし、大人の場合は高熱が出て重篤化することがあります。さらに女性の場合は、卵巣炎を引き起こすこともありますので注意は必要です。 

予防方法は?

りんご病は、残念ながら予防接種などの有効な方法がありません。そのため、うがい

手洗いの実施、マスクを着用すするなどの基本的な感染症予防に努めることが大切です。

一方、おたふく風邪は予防接種を受けることができます。もちろん妊娠した状態ではワクチン接種はできません。そのため、これから妊娠を考えている女性は、早めの予防接種を受けた方がよさそうですね。 

「りんご病」「おたふく風邪」をしっかり予防!

 「りんご病」「おたふく風邪」は、子どもがかかりやすい病気です。そのため、もし上のお子さんがいるという場合、その子から妊娠中のママに感染するというケースが多くあります。妊婦さんご自身だけでなく、それに近い人みんなで予防を徹底をして、赤ちゃんを守っていきましょう。

(Photo by:https://www.photo-ac.com/ )

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

感染症に関する記事

妊娠中のつわりと嘔吐下痢症をまちがえないで!それは妊娠症状?ノロウイルス?

妊娠初期の下痢には、吐き気や嘔吐を伴うものがあります。つわりで食べ物を受けつけな...

妊娠中の伝染性紅斑(リンゴ病)は早産や死産のリスク

伝染性紅斑(リンゴ病)は、頬がリンゴのように赤く腫れのが特徴。その症状から「リン...

トラブルの体験談

おっぱいマッサージ

10年振り、3人目を妊娠中です。 35週を迎え、完母が目標な事から、おっぱいマッサージを開始しまし...

妊娠中の子宮がん検診。「Ⅲa」で再検査

妊娠したら必ず行われる子宮がん検診。 1人目の時に「Ⅲa」で再検査。 2人目の時は「Ⅱ」で問題な...

カラダノートひろば

感染症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る