カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 救急・救命 >
  4. いざというとき正しくできる?心臓マッサージのテンポは、有名な「あの曲」に合わせてできます!

健康診断・健康管理

いざというとき正しくできる?心臓マッサージのテンポは、有名な「あの曲」に合わせてできます!

7030f514d3e06185c2b9a9412f70140a_s.jpg

実際に救急の場面になって心臓マッサージをしたことがあるという方はいるでしょうか?現実でそうした切迫した場面に直面したことはなくても、講習などで心臓マッサージの練習をしたことがあるという方もいるでしょう。

 

 

いざというときに「毎分100回」できる?

 

心停止した人に対して行う心臓マッサージですが、それを正しくできるでしょうか?

 

胸の中央を真上から体重をかけて押し、その動きで止まった心臓の代わりをするのが心臓マッサージです。救急的な処置ということで、これで心臓から全身にしばしの間血液を送り、命をつなぐことができます。

 

しかし、こうした心臓マッサージのことを知っていても、やったことはないという人も多いはずです。

 

いざその場面になったら、「どうやってやるんだっけ?」「どれくらいの速さでやるんだっけ?」と困ってしまうかもしれません。その困ってしまうことのひとつが「テンポ」で、そのテンポは毎分100回とされています。

 

 

「うさぎとかめ」に合わせてできます

 

心臓マッサージをする場面では、1分で100回のペースだけをゆっくり考えられる状況ではないと思います。むしろ1分に100回のペースと言われても、いまいちピンとこないでしょう。

 

そこで「曲のリズム」に合わせてやれば、リズムをとりやすく、動作を安定させやすいということが言われています。その中で合わせるとよいとされていたのが「うさぎとかめ」の歌です。

 

 

新しく選ばれた曲「diamonds」!

 

1989年に発売されたプリンセスプリンセスの「diamonds」を知っていますか?「うさぎとかめ」に代わり、こちらの曲の方が心臓マッサージには適しているということが言われ始めています。

 

・毎分100回よりも早いリズム

 

心臓マッサージは毎分100回と書きましたが、2015年に国際指針の示すテンポが100120回に改定されました。100回よりも少し早いリズムの方が、テンポがずれにくいということです。「diamonds」は毎分112回でちょうどよいとのことです。

 

・裏拍がある

 

「うさぎとかめ」は「ズンズン」という表拍のリズムですが、「diamonds」はズンチャズンチャと表拍とともに裏拍も明確に聞こえます。それによって、押すだけではなく腕を引くリズムも感じやすく、より動作が安定しやすくなるのだそうです。

 

 

 

「毎分100120回のテンポ」と覚えているよりは、「プリンセスプリンセスのdiamondsのリズム」と覚える方がよっぽど実践的です。広い世代になじみのある曲ですので、ほかの誰かに伝えやすい・伝わりやすいというのも使い勝手の良い点かもしれません。

 

(Photo by:写真AC

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

救急・救命に関する記事

台風の時にも使える非常グッズ・非常食は置き場所に注意!こんな場所はNG!?○○はOK!?

非常用のグッズや非常食を常に用意しているという家庭は多いかもしれません。地震や...

救急処置~気道の確保~ABCを確率しよう!

  バイタルサインによって重症度を判定したら、次にするべき事は気道の確保(...


子どもや高齢者がいる場合は注意!こんな食品は窒息の危険が!

  日本において食品の窒息事故によって亡くなる人は、年間数千人にのぼります。特...

脊髄を損傷したかもしれない!救命も大事!でも脊髄への二次損傷には十分な配慮を!

  脊髄が途中で離断したり、変性してしまった場合、神経の回復はありません。そのた...

カラダノートひろば

救急・救命の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る