カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊活 >
  4. 体外受精(IVF) >
  5. 卵子を凍結させて将来の妊娠に備える「未受精卵凍結保存」、安全性と問題点は?

妊娠・出産

卵子を凍結させて将来の妊娠に備える「未受精卵凍結保存」、安全性と問題点は?

stem-cell-163711_640.jpg

近年、44歳の看護士の女性が「未受精卵の凍結保存」を行い、無事出産したニュースが大きく取り上げられました。

 

未受精卵の凍結保存は、これまで医学的な理由(抗がん剤で妊娠が出来なくなるなど)によって実施されてきた例はありましたが、今回の症例のように社会的理由(仕事が忙しいなど)で行われたのは初めてで、今後さらに働く女性が卵子凍結保存を選ぶ可能性が増えてくるだろうと推測されています。

 

ただ、非常に新しい医療技術であるため、安全性や成功率に関して不明瞭な部分があり、安易な選択は避けるべきという声もあります。

 

今回の女性が「卵子凍結」を選んだ経緯 

今回「卵子凍結」によって妊娠・出産を行ったという女性は、当時(30代後半)仕事が忙しく独身で、結婚の予定はなかったものの「どうしても子どもがほしくて、自然妊娠を待つような悠長なことはできない」と考え決断に至ったと述べています。

 

大阪市内の2カ所のクリニックを受診し、計十数個の卵子を凍結保存したということです。

 

その後42歳で結婚され、パートナーの理解も得られたことから、すぐに卵子を解凍して精子を注入する「顕微授精(体外受精)」を実施。

昨年夏には待望の女児を出産されたそうです。

 

「未受精卵凍結保存」とは? 

「未受精卵凍結保存」とは、体外受精の一工程であり、採取した卵子を受精させずに液体窒素タンクで-196℃に凍結・保管し、子供を産む条件が整ったときに解凍して顕微受精(体外受精)させ、子宮内に戻して妊娠・出産に至らせるというものです。

未受精卵凍結保存の適応 

適応は、「抗がん剤治療により将来卵子が採れなくなる方」「パートナーの都合により予定していた体外受精が出来なくなった方」「仕事のため現在出産できない方」などです。

 

ただ、この治療には年齢応じて妊娠率が著しく低下するため、日本生殖医学会によれば、年齢は「40歳以上は推奨しない」としています。

 

なぜ40歳以下の卵子凍結が推奨されるのか 

日本産科婦人科学会の定義では、35歳以上が高齢出産に分類されているため、40歳以上になると妊娠の機会の低下(卵子数の減少)とリスクの増加(流産・合併症)が起こると考えられています。

 

■自然妊娠の確率

・20代:25%~30%

・30代前半:25%~30%

・30代後半:10〜18%

・40歳以上:5%以下

 

■体外受精による妊娠率 

・40歳:20%程度

・43歳:10%程度

・44歳:8%程度

・45歳以上:5%以下

 

健康な女性の卵子凍結保存が推奨されない理由 

また、日本産科婦人科学会は健康な女性の卵子凍結について「推奨しない」としていますが、その理由は以下によります。

 

■卵巣出血や感染症などが起きる恐れがある

■受精卵や胎児への影響が不明

■将来の妊娠・出産を保証できない(受精卵に比べ未受精卵は壊れやすい)。

 

今回の女性が通院したクリニックでの出産率は1/17(2010年~2015年までの期間で卵子凍結を行った人数:229人、体外受精を行った人数:17人)であった。

その他にも、高額であること(健康保険は適用されず、女性の場合総額数百万円となり、1回の施術で50万円かかることもある)が挙げられます。

 

卵子凍結の具体的手順 

卵子の採取以降の保存~解凍までの手順は以下となります。

 

1)前処理

卵子を細胞膜透過凍結保存物質(細胞毒性の影響の出ない濃度)に浸透させる(10~15分)

 

2)濃縮

浸透圧を利用し、細胞内の自由水を50%以上に濃縮・脱水し、細胞外液を「ガラス化液」に浸透させる(45~60秒)

 

3)凍結

細胞内・外溶液を、急速な冷却(液体窒素で-196℃まで超急速冷却)によってガラス化させる

 

4)保存

保存期間中(-196℃)は、卵子を構成する分子が動けないため、劣化することもできなくなる(細胞活力は高く維持したままの凍結)

 

5)解凍

冷却時よりもさらに急速な加温速度によって解凍による細胞破壊を防ぐ(37℃に加温した融解液で加温する)

 

6)保護剤の除去

卵子内に残っている凍結保護物質を、浸透圧を利用して徐々に希釈・除去する(細胞の急激な膨化が起こらないよう、浸透圧緩衝剤を用いる)

卵子凍結による「感染」の可能性は? 

卵子凍結で最も不安視されているのが「感染」の可能性ですが、現在広く用いられている保存方法では、予防措置がとられているため感染の可能性は低いと考えられています。

 

感染が起こると考えられた理由は、「受精卵」の凍結保存の際にウイルス感染を起こした例が過去にあり、この原因が「他の方の受精卵と同じ液体窒素容器内に直接保管したため(受精卵がウイルス感染していた)」とされています。現在は以下のような予防措置がとられています。

 

・数個ごとに個別のストロー内に卵子を収め、凍結保存している

・血液検査で患者にウイルス感染が確認された場合、同じ容器内への保存を行わない

 

このように、技術・安全性の面では日々改良が行われているようです。産科学会が指摘するように、いくつかの不安要素はありますが、何らかの事情により妊娠が困難である場合のひとつの選択肢として、知っておきたい治療法です。 

(photoby:pixabay

著者: あせちるこりんさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

体外受精(IVF)に関する記事

【不妊治療体験談】体外受精 受精卵を戻す日

  体外受精はおよそ以下のような流れで進みます。採卵、採精 → 体外受精(顕微...

完全自然周期体外受精とは? 治療方法と適用される人を知ろう!

  体外受精の場合は医師の指示のもと、排卵誘発剤を用いながら採卵をして治療してい...

体外受精(IVF)の体験談

初めての体外受精◇スケジュールと採卵の結果

不妊治療の病院に通院を初めて1年以上経っても授かる気配はなし。 お薬もクロミッドからフェマーラに変...

不妊治療*この約8ヶ月のメンタル

いろんな気持ちが混ざり合っていましたね 4月 仕事を辞めました。 夫ちゃんの精索静脈瘤の術後...

カラダノートひろば

体外受精(IVF)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る