カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. トラブル >
  4. 腹痛 >
  5. 妊娠中期のお腹周辺の痛みや違和感…これは心配のいらない痛み?それとも心配な痛み?

妊娠・出産

妊娠中期のお腹周辺の痛みや違和感…これは心配のいらない痛み?それとも心配な痛み?

daedec44f9adb45aa5f70e0598a8d3c6_s.jpg

妊娠中期になって、「お腹」や「足の付け根」の痛みを感じたらどうするでしょうか?大事な大事な赤ちゃんのいる場所に、痛みや違和感が生じるとなったら不安が大きいでしょう。けれど、その痛みは特に問題のない痛みかもしれません。 

 

妊娠中期に起こる痛み

妊娠中期に入ると、一気に子宮が大きくなり、妊婦さんらしい体つきになってきます。

 

しかし本来、体は急激な変化に弱いものです。そのため妊娠という体の変化に、体の各場所がついていけないこともあります。

 

また、妊娠中期になるとある程度状態は安定してきますが、早産などの危険もまだあります。そのため痛みや違和感といったシグナルには十分注意しなければいけません。

 

 

妊娠中期 「心配のいらない痛み」

「下腹部の痛み」「足の付け根の痛み」「突っ張る違和感」など…妊娠中期にこうした症状を感じる人は多くいます。そのほとんどは、体の変化に伴って起こっているもので「心配のいらない痛み」です。この心配のいらない痛みの原因には、

 

・円靭帯痛

(子宮をハンモックのように支えている靭帯が伸びて、痛みを感じる) 

 

・前駆陣痛

(前駆陣痛は出産と関係なく起こる場合もあります。子宮口が閉じていれば出産の可能性はありません) 

 

・便秘

(子宮に近いので子宮の痛みと勘違いしてしまうこともよくあります) 

 

妊娠中期の心配のいらない痛みというのは、「痛みが不規則」「痛みが限定的」「安静にすると痛みが治まる」などの特徴があります。

 

 

妊娠中期 「心配な痛み」

もちろん中には「赤ちゃんの危険を知らせる痛み」もあります。 

 

・子宮頚管無力症

(子宮頚管の筋肉が緩んでしまって、子宮口が開きやすくなっている状態で、流産や早産の一番の原因とされています) 

 

・感染症

(細菌やウイルスに感染することで、子宮収縮が起こりやすくなり、早産になる可能性があります) 

 

・ストレス

(ストレスも子宮収縮を引き起こすことがあります) 

 

早産などにつながる可能性のある心配な痛みというのは、「お腹全体の痛み」「規則的な痛み」「長時間続く痛み」「胎動が少なくなっていく」「出血」などの特徴があります。 

 

 

「心配のない痛み」と確定診断するためには、内診や超音波検査が必要です。それはもちろん自分ではできませんから、病院に行くしかありません。早産などにつながる心配な痛みの場合、痛みが生じたときには手術が必要な状態ということもあります。早めに判断してもらい、対処できるようにしましょう。

 

(Photo by:写真AC

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

腹痛に関する記事

妊娠中の腹痛。妊娠初期の腹痛はとくにこわい?!

妊娠中の腹痛は、とてもこわいですよね。 妊娠に腹痛はつきものですが、腹痛の...

胃の不調と関係の深い呑酸!妊婦さんに呑酸が多い2つの理由

  呑酸の原因はひとつではなく背後には病気が隠れていることもあります。特に胃の...

トラブルの体験談

おっぱいマッサージ

10年振り、3人目を妊娠中です。 35週を迎え、完母が目標な事から、おっぱいマッサージを開始しまし...

妊娠中の子宮がん検診。「Ⅲa」で再検査

妊娠したら必ず行われる子宮がん検診。 1人目の時に「Ⅲa」で再検査。 2人目の時は「Ⅱ」で問題な...

カラダノートひろば

腹痛の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る