カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. トラブル >
  4. 腹痛 >
  5. お腹が大きくなって来たら、お腹・足の付け根に痛みが…その痛み、実は○○が痛いんです!

妊娠・出産

お腹が大きくなって来たら、お腹・足の付け根に痛みが…その痛み、実は○○が痛いんです!

32e496e0bbfe5bf9411cb555dd31dd4e_s.jpg

「妊娠中に靭帯を痛める」というと、「体重が増えすぎて足に負担が?」と想像しがちかもしれません。そもそも靭帯(じんたい)そのものに対して、膝や肘のイメージが強いと思います。しかし妊娠中の場合、ほかの靭帯を痛めることがあります。 

 

円靭帯ってなんだ?

靭帯は体の色々な場所にあります。膝や肘はもちろんですが、子宮もこの靭帯と深くかかわりがあります。

 

子宮は骨盤の中に入っているような形になっています。その子宮はどんな形で骨盤の中に入っているのかというと、靭帯によって支えられています。いくつかの重要な靭帯によって、ハンモックのようにつりさげられているのが子宮なのです。

 

円靭帯というのは、これらの靭帯のうちのひとつで、左右に1本ずつあります。

 

 

妊娠中に痛みがでやすい円靭帯

この円靭帯は、卵管の付け根当たりの筋肉と、骨盤の前の方にある恥骨をつないでいます。その途中、足の付け根部分を通ります。

 

妊娠の初期はそうでもないですが、妊娠中期にもなればお腹はだいぶ大きくなります。もちろんその分だけ、子宮を支えている円靭帯の負担も大きくなります。特に妊娠15週目~25週目くらいは、急に子宮が大きくなっていきます。そのためこの時期に、円靭帯がその変化についていけずに痛みが生じることがあるのです。

 

これが「円靭帯痛」と言われているものです。

 

 

切迫流産?と怖くなるかも

妊娠中期以降の腹痛は、「切迫流産かも」「切迫早産かも」と不安にもなると思います。

 

一般的にこの円靭帯痛の痛みの特徴は、

 

・下腹部痛 

 

・恥骨(骨盤前)の痛み 

 

・子宮の前の痛み 

 

・足の付け根のつっぱる感じの痛み 

 

・体を動かしたときの下腹部の張りや痛み 

 

などが挙げられます。これらの症状があった中で、切迫流産や切迫早産の可能性が除外できれば、円靭帯痛と診断されます。陣痛のように規則的に起こる痛みではありませんので、比較的判別しやすいと言われています。確定診断をするには内診や超音波検査で、子宮頚部の長さや、子宮口の開き具合を確認しなければいけません。  

 

 

円靭帯痛のことを知っておけば、妊娠中期の痛みに不用意に怖がることはなくなります。ただ、もちろん素人判断は危険です。自分では流産や早産の可能性は排除できませんから、「円靭帯痛かな?」と思っても、念のために診察を受けることが絶対に必要です。

 

(Photo by:写真AC

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

腹痛に関する記事

妊娠中の不調「お腹の張り・痛み」がつらいアナタへ お腹が張らないために心がけたいコト

妊娠中のお腹の張りは、ほとんどの妊婦さんが経験する症状でしょう。 ですが、...

妊娠中の腹痛。妊娠初期の腹痛はとくにこわい?!

妊娠中の腹痛は、とてもこわいですよね。 妊娠に腹痛はつきものですが、腹痛の...

トラブルの体験談

おっぱいマッサージ

10年振り、3人目を妊娠中です。 35週を迎え、完母が目標な事から、おっぱいマッサージを開始しまし...

妊娠中の子宮がん検診。「Ⅲa」で再検査

妊娠したら必ず行われる子宮がん検診。 1人目の時に「Ⅲa」で再検査。 2人目の時は「Ⅱ」で問題な...

カラダノートひろば

腹痛の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る