カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 産後 >
  4. 産後ダイエット >
  5. 出産後のママの体重戻しに!赤ちゃんにもママにも嬉しい栄養満点の「青汁」がスゴイ!

妊娠・出産

出産後のママの体重戻しに!赤ちゃんにもママにも嬉しい栄養満点の「青汁」がスゴイ!

6cda31a810e1465a3f1041376169efa2_s.jpg

産後は赤ちゃんに母乳をあげていれば、あるいは産後の育児に忙しくしていれば、痩せていくと言われたことはないですか?たしかに特にダイエットをしなくても痩せていく人はいますが、痩せない人も当然います。「話が違う!」と感じた経験者も多いことでしょう。 

 

産後は本当は痩せやすい時期?

母乳で育児をしていれば、自然と痩せていくと言われるのはなぜなのでしょう?

 

母乳を出しているということは、その分のカロリーが赤ちゃんに摂られるということです。そのため、適正カロリーを摂取していれば余計な脂肪はなくなっていくはずだ、というのがこの考え方です。

 

ですから、産後は痩せやすい時期だと言われるのですが、そううまくいかないこともあります。

 

 

産後だからこそ痩せにくい理由も

育児や、育児をしながらの家事にいっぱいいっぱいになっていれば、ダイエットどころではないでしょう。そもそも母乳育児をしているのに、食べる量を減らすわけにはいきません。

 

実母や義母からはもしかしたら、赤ちゃんのためにいっぱい食べなさいと言われるかもしれません。さらに、産後は骨盤が広がっているために、下半身に脂肪がつきやすいということも言えます。

 

 

おススメなのが「青汁」

母乳育児をしている場合、栄養を減らすわけにはいきません。

 

そこでおススメするのが「青汁」です。そもそも母乳を作るには十分な水分摂取が基礎になります。さらに、ビタミンやミネラル、カルシウム、亜鉛など赤ちゃんにもママにも必要な栄養素が豊富に含まれるのが青汁です。産後は肌の質も悪くなっていることがありますから、コラーゲン入りなど女性に嬉しい青汁もよいですね。

 

ダイエットのためにカロリーの少ないものを選ぶこともできますし、自分が飲みやすいものを選ぶこともできます。毎日ではなくても気が向いたときに、断続的に飲み続けることができるとよいですね。

 

ただしカフェインには注意!

飲みやすくなっている青汁は、緑茶や抹茶を含んでいることがあります。その場合はカフェインの量に注意してください。カフェインのような強い作用のあるものは、できるだけ授乳中には避けたいですね。

 

 

基本にあるのは普段の食事で、それを食べすぎないこともちろん大切です。いくら栄養が豊富で滋養供給に優れているからといって、青汁ばかりを飲むダイエット方法はお勧めできません。いつもの食事の中で、何かを青汁に代えるというような方法がよいですね。

 

(Photo by:写真AC

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

産後ダイエットに関する記事

正しいウォーキングで、産後の脂肪とさよなら

出産を終えて、ダイエットをしたい方必見です!   妊娠中は、赤ちゃんを守る為に...

産後に開いてしまった骨盤は早めの改善が重要!骨盤によるトラブル

  出産後、10か月間かけてついたお肉やおなか周りの筋肉や皮膚がすぐに元通りと...

産後の体験談

離乳食開始!椅子はどれを選ぶ?

生後5ヶ月から始まった息子の離乳食。 離乳食を始めるにあたり、必要になるのが椅子です。 ハイ...

バギー選びのアレコレ

お座りが出来るようになった7ヶ月頃、バギーを購入しました。 それを3歳頃まで使う気満々で…シンプル...

カラダノートひろば

産後ダイエットの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る