カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 脳・神経 >
  4. 脳出血 >
  5. 朝食を食べる派?食べない派?「朝食を食べない」と「脳出血のリスクが上がる」ってホント?

気になる病気・症状

朝食を食べる派?食べない派?「朝食を食べない」と「脳出血のリスクが上がる」ってホント?

35273adeb642dd07c297ab9217eeb5fe_s.jpg

あなたは朝食を食べますか?食べませんか?特に若い人は朝食を食べないという人が多いそうです。食育などにおいては、朝食を食べなければ活動のためのエネルギーが足りなくなる、など言われることがあります。この朝食と、怖い怖い脳出血との関係が発表されました。 

 

朝食を食べないと脳出血の危険増?!

朝食を食べることの賛否は、研究者によって様々です。そんな中、国立がん研究センターなどの研究チームが発表した研究結果が注目されました。

 

先に結果を書くと、 

朝食を抜くことが多い人は、毎日食べる人に比べて、脳出血のリスクが36%高まる 

というものでした。

 

さて、あなたは毎日朝食を食べていますか?それとも朝食を抜いていますか? 

 

具体的な研究内容とその結果

研究グループは4574歳の男女約82千人を対象に、約13年間追跡調査しています。その結果として被験者の内、3772人が脳出血などの脳卒中を起こし、870人が虚血性心疾患を起こしました。

 

その中で朝食の回数と発症の関連を調べました。

 

その結果「毎日朝食を食べるグループ」と比べ、「多くても週2回しか食べないグループ」では

 

脳卒中のリスクが18%高い。

特に脳出血のリスクは36%高く、

虚血性心疾患と脳卒中を合わせた全体は14%高い

 

こうした結果が得られました。

 

1脳出血…脳内の血管が何らかの原因で破れ、脳の中に出血すること。

2虚血性心疾患…心臓の血管がせまくなるなどして、十分に心臓に血液が流れないこと。 

3脳卒中…脳の血管が詰まること、血管が破れることなどを総合的に差します。脳出血もこれの1つ。

  

「朝食と脳出血」はどういう関係?

そもそも脳出血などを起こす最も重要なリスクは「高血圧」にあります。その中でも特に早朝の血圧上昇にリスクが高いと考えられています。

 

そして朝食を食べないと、空腹によるストレスなどの影響で、血圧が上昇することが言われています。

 

この2つから考えると、今回の朝食と脳出血の関係にも納得しやすいかもしれません。 

すでに高血圧の診断をもらっている人は、生活習慣の改善などに取り組んでいると思います。その他、高血圧症とまでいかないけれども、高血圧気味という人は注意です。何気ない生活習慣が脳出血のリスクを高めているかもしれませんよ?

(参考:朝食の欠食と脳卒中との関連について)

(Photo by:写真AC

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

脳出血に関する記事

男性高齢者は要注意!慢性硬膜下血腫ってどんな病気?症状の特徴について

男性高齢者に多いとされる慢性硬膜下血腫。軽微な頭部外傷で発症するとされていま...

脳動脈瘤を見つける!くも膜下出血予防には脳ドックを

発症すると多くの人が命を落としてしまう恐ろしい病気、くも膜下出血。その原因の...


もしも慢性硬膜下血腫になったら どんな手術が行われるのか?

適切な時期に治療を行えば、完治することもできる慢性硬膜下血腫。「頭の手術」と...

最悪な事態にならないために…脳卒中の前兆の症状を知って早期発見を目指そう!

    脳卒中は脳内で毛細血管が破裂し、出血がおこる病気です。出血がひどくな...

カラダノートひろば

脳出血の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る