カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 予防接種 >
  4. B型肝炎ウイルス変異種による感染が拡大中?ワクチン接種の必要性とは

育児・子供の病気

B型肝炎ウイルス変異種による感染が拡大中?ワクチン接種の必要性とは

headahe2.jpg

近年、化血研が国から未承認の方法で血液製剤製造をしていたとして、B型肝炎ワクチンの出荷自粛が行われ供給停止状態となっていることが大きく報道され、B型肝炎ワクチンに対する注目度が上がりました。

 

現在はワクチンは通常通りの供給状態となりましたが、それ以上に大きなニュースとして、厚生労働省から今年(2016年)の10月から0歳児を対象とした公費によるB型肝炎ワクチン定期接種化が定められたという報道がありました。

 

B型肝炎というと、「一過性感染と持続感染」両方の可能性があるというイメージがありますが、持続感染に移行するケースの多くは乳児期の感染によるところが大きく、また現在変異種の増加によって持続感染が拡大しつつあることから、ワクチン接種の重要性が指摘されています。

 

B型肝炎ワクチン接種を行う必要性は? 

B型肝炎は主に血液・体液を介する感染症で(「母子感染」「性行為による感染」「歯ブラシの共用・咀嚼物を与える」などによる)、成人期に感染した場合、多くのケースでは何も症状が現れず治癒する「不顕性感染(70~80%)」もしくは「急性肝炎(20~30%)」など一過性感染が主であるといわれています。

 

しかし、乳児期など免疫能が未発達な年齢で感染した場合、体内から排除できずにキャリア化してしまう(持続感染:無症候性の後に慢性肝炎に移行する可能性がある)可能性が高くなります。

 

■初感染の年齢とキャリア化の関係 

・1~5歳時の感染:25~50%が持続感染となる

・5歳以上の感染:6~10%が持続感染となる

・思春期以降の感染:ほとんどが一過性感染となる

 

⇒思春期以降は、免疫能が増強し、ウイルスと同時に肝細胞を破壊するため、B型肝炎ウイルスの増殖性が低くなる。

 

 

近年では、変異種拡大の傾向にある 

またその他にも、近年外来の変異ウイルスである「ジェノタイプA(genotype A)」のB型肝炎ウイルス感染が拡大傾向という報告もあります。従来のタイプとは異なり、成人期感染であっても感染力が強く20%程度がキャリア化する可能性がある(将来的に肝臓がんに移行する可能性がある)と言われています。

 

感染ルートは、主に都市部を中心とした同性間の性交渉によると報告されていますが、その他にも保育園内での集団感染の例も報告されており(機序は不明ですが、恐らく唾液・汗・涙などが媒体とされる)、ワクチン接種の必要性が強く求められています。

 

 

ワクチン接種対象と費用について 

今年(2016年)10月以降であれば、すべての0歳児がB型肝炎ワクチン接種の公費負担対象となりますが、現時点においては、母親にB型肝炎の感染が見られない場合は、自費負担となっているようです。(家族などが感染者であり、赤ちゃんに水平感染の可能性があっても、母親がB型肝炎ウイルス感染陽性(HBs抗原陽性)でないと、公費補助による感染予防はできない)

 

■公費負担(無料)になる場合(B型肝炎母子感染防止事業による)

・HBs抗原検査が陽性の母親から生まれた新生児(感染リスクが極めて高い

【接種時期】出生後直ちに予防措置を開始

(※B型肝炎ワクチン・HBs抗原含有免疫グロブリンを、出生直後に投与)

 

■自費負担になる場合 

・公費負担のケース以外の場合(感染リスクが低い)

【接種時期】生後2ヶ月から

 

 

ワクチン接種のスケジュール 

■接種回数

B型肝炎ワクチンの接種回数は、乳児・大人ともに「3回」接種となります。

 

■接種間隔

・1回目と2回目の間隔は4週間

・1回目と3回目の間隔は20週~24週間

 

 

このように、小児期のB型肝炎ウイルス感染は危険性が高いため、できるかぎりワクチン接種を行うことが望ましいようです。

 

(photoby:pixabay

著者: あせちるこりんさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

予防接種に関する記事

予防接種って必要?「小児肺炎球菌ワクチン」

赤ちゃんが生まれてすぐ、朝も夜もない毎日なのに、迫ってくるワクチン接種。接種で...

低体重児・未熟児…小さく生まれた赤ちゃんの予防接種で変わることはあるの?

低体重児・未熟児として生まれてしまった小さめ赤ちゃん。場合によっては入院が必要...

予防接種の体験談

生後2か月 初めての予防接種 任意はどうする?

赤ちゃんが産まれて、こんなに予防接種の回数が多いとは思っていませんでした。 正直、かなり面倒くさい...

注射の痕が赤い>< これって大丈夫??

生後2ヶ月くらいから、予防接種ができるようになり、我が子も順番に行っていました。 初めての予防接種...

カラダノートひろば

予防接種の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る