カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 育児・子供の病気まとめ >
  4. 赤ちゃんを皮膚トラブルから守ろう!おむつかぶれ・あせも・アトピー・蕁麻疹・アトピー…

育児・子供の病気

赤ちゃんを皮膚トラブルから守ろう!おむつかぶれ・あせも・アトピー・蕁麻疹・アトピー…

%E3%83%80%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%AD%E3%

乳幼児の肌はとてもデリケートです。汗や汚れが皮膚に残っていることで、おむつかぶれやあせもを引き起こしやすいので注意が必要です。

また、搔きむしってとびひになってしまうことも。

そして、生まれた時からある「あざ」にはどのようなものがあるのでしょうか?

 

ここでは、おむつかぶれ・あせも・アトピー・あざなど乳幼児の皮膚・肌トラブルについてまとめました。

 

赤ちゃんに出る「中毒疹」ってなに?

赤ちゃんに突然湿疹が出ると、心配になりますよね。中毒疹が出たらどのように対処すればよいのでしょうか?

 

おむつかぶれ

赤ちゃんの肌はとてもデリケートなので、こまめにおむつを替えて、おむつかぶれを予防したいですね。

%E3%83%80%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%AD%E3%

 

 

あせも

汗をかきやすい乳幼児は、一年中あせもができやすいです。どのような対処法があるのでしょうか?

 

じんましん

蚊にさされたような大きな湿疹がいくつも出来ていたら、じんましんの可能性があります。じんましんが出たらどのように対処すればよいのでしょうか?

 

 

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎による湿疹とその他の湿疹は、始め区別がつきにくいものです。アトピー性皮膚炎は、どのような症状なのでしょうか?

 

虫さされ

虫に刺されたときはどのように対処すればよいのでしょうか?

 

とびひにならないように気をつけよう!

搔きむしって、とびひになることがあります。気をつけましょう。

 

白皮症(アルビノ)とは?

生まれつき、肌や体毛なのに色素を持たないことを「白皮症」といいます。

 

ほくろ

乳幼児期にも、ほくろが出来ることもあります。出来る部分や大きさによっては、切除を考える人もいます。

%E3%83%80%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%AD%E3%

 

赤あざ

赤ちゃんのおしりにある青あざ「蒙古斑」はいずれ消えますが、消えないあざが「赤あざ」です。どのような治療があるのでしょうか?

 

茶あざ(扁平母斑)

カフェオレ色のような、茶色いあざが出来ていたら、どのように対処すればよいのでしょうか?

 

レックリングハウゼン病

茶あざの原因は、レックリングハンゼン病という病気によるものかもしれません。どのような病気なのでしょうか?

 

あざの治療法は?

あざ自体は、体にあっても害を加えることはありませんが、見た目などの問題で切除を考える場合、どのような方法があるのでしょうか?

乳幼児の皮膚や肌はデリケートで、日々のケアが必要です。おむつかぶれやあせも、虫さされなどはきちんと対処して悪化させないようにしましょう。

また、生まれつきのあざなどは、ほとんどが問題ないものではありますが、気になるようであれば皮膚科・小児科に相談してみましょう。

 

(Photo by:写真AC

著者: katsuoさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

育児・子供の病気まとめに関する記事

母乳が出ない、ミルクを飲まない…授乳の相談と対処法まとめ!

赤ちゃんにとって、とても大切な授乳。 「赤ちゃんがミルクを飲んでくれない」「母...

生後8~12ヵ月の生活の様子・成長・言葉の発達・歯の悩みなど生後8~12ヵ月まとめ

一人でお座りやハイハイができるようになる生後8か月以降の赤ちゃん。そして、あ...


【生後1ヶ月の育児】吐き戻しや乳児湿疹、沐浴からの切り替えなど、ママの経験談まとめ

  生後1ヶ月の頃の赤ちゃんは、生活リズムがまだ整っておらず、1日中泣いている...

洋服選びのコツ・切り替えタイミングってどうしているの?

赤ちゃんに着せるもの、意外と悩むポイントですよね。暑いかな?寒いかな?と、話...

カラダノートひろば

育児・子供の病気まとめの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る