カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 各種制度 >
  4. ママパパ知っていますか?2016年度に、「子育て給付金」が廃止されます!!

育児・子供の病気

ママパパ知っていますか?2016年度に、「子育て給付金」が廃止されます!!

5f7379ba2228551dd75e088c7fdfeade_s.jpg

子どもを育てやすいかどうか、というのは今非常に注目されるところだと思います。実際に子育てをする環境を整えることも、現実的な問題として大切です。一方で各自治体の助成などもそうですが、国から支給される給付金なども子育てを支援する方法のひとつです。

 

2016年、「子育て給付金」廃止

子どもを育てている世帯の負担軽減策として給付しているのが、子育て世帯臨時特例給付金、いわゆる子育て給付金です。2014年度から支給され、2014年の子育て給付金は子ども1人あたり年10000円、2015年は3000円でした。実際に子育てをしているという家庭では、「もらったよ」という方もたくさんいるでしょう。

この子育て給付金が2016年度から廃止するということが決まりました。

 

児童手当はなくなりません

子育て給付金は児童手当とは違います。児童手当をもらっている家庭が、子育て給付金をもらうことができます。

実際この部分を勘違いしている人が多いようで、児童手当がなくなってしまうと思っている人も多いようです。

児童手当は、2月、6月、10月の年3回支給されるもので4か月分まとめて支給されます。児童手当は、子どもの年齢や何番目の子どもかによって、あるいは世帯所得によって金額が変わってきます。

こちらの児童手当の方は、そのまま継続されます。

 

聞こえてくる落胆の声

世間では、「子育てをしやすい環境づくりを」「出生率を上げよう」という風潮があります。

実際子育て給付金は年に3000円、月でいえば250円の支給ですから、そんなに大きな金額ではありませんでした。そのため実際の生活への影響はそう大きくはない、と考える方も多いようです。

それでも、子育ての環境に関する問題などがある中、落胆や懐疑の目を向けてしまうことは仕方がないようにも思います。

 

実際に影響云々というよりも、「政府が子育てを支援する気がないのでは?」という不信感が残るという方の方が多いでしょう。もちろん、子育て給付金を廃止する代わりに、児童扶養手当の増額や保育料の無償化など、ほかの面での支援も検討されています。今しばらく様子を見る必要もありそうですね。

(Photo by:写真AC

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

各種制度に関する記事

赤ちゃんのお世話のために給料が低下した場合の社会保険料はどうなる?子供の育児

   社会保険料とは、健康保険や厚生年金保険のことを指します。この社会保険料は、...

病院の費用を助成してくれる!「ひとり親医療費助成制度」の基礎知識

離婚や死別などで、ひとり親家庭になった場合には「ひとり親医療費助成制度」を利...

各種制度の体験談

赤ちゃん産んだらやらなきゃ損!確定申告「医療費控除」

確定申告って何?面倒くさい!という方は多いと思います。 私自身働いていたときは会社に任せきりで自分...

新生児期の助産師訪問

多くの自治体でも取り組んでいるのかもしれませんが、私の住む自治体では、初産の母親を対象に生後一か月を...

カラダノートひろば

各種制度の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る