カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. ダイエット >
  4. 食事 >
  5. 糖質・炭水化物 >
  6. 体重は減っても他のところで悪影響が出るってホント?!「糖質制限に潜む危険」って何?

美容・ダイエット

体重は減っても他のところで悪影響が出るってホント?!「糖質制限に潜む危険」って何?

d68e14600d840d2df30a3b8f7e5bf7f5_s.jpg「糖質制限ダイエットの第一人者の方が亡くなったということが、ニュースとして報道されました。

報道のされ方を見ると、ちょっと「糖質制限=危険」という印象を抱いてしまいそうになります。

実際のところ、糖質制限ダイエットは危険なのでしょうか?

 

糖質制限ダイエットってなんだ?

2016年2月に亡くなった、糖質制限ダイエットを広めた第一人者の桐山さんは、元々いくつかの生活習慣病を持っていました。

そこで医師から勧められた食事療法が糖質制限で、そのダイエット効果を感じ、広めていったという経緯があります。

実際桐山さんの死亡は、元々の生活習慣病の影響とされています。

決して糖質制限ダイエットのせいで死亡したということではありません。

 

さて、この糖質制限ダイエットですが、食事の中で、炭水化物やイモ類など、糖質を多く含む食材を制限するというものです。

その代り、糖質の少ない食材は制限せずに食べられます。

そのため空腹を我慢せずにダイエットできるということが、大きな注目を集めました。

 

糖質制限ダイエットに潜む危険とは?

繰り返しますが、糖質制限ダイエットで死亡するという極端なことはありません。

しかしこれを機会に糖質制限ダイエットに潜む危険を見直してみるのもよいでしょう。

 

・あくまでも制限、不足は脳機能低下をまねく

糖は脳を動かすエネルギーになります。

そのため、糖が不足してしまうと、集中力の低下やイライラといった状態になりやすいです。

場合によってはイライラした結果、反動で過食に走ってしまうこともあります。

 

・血液がドロドロになる

長期間糖質制限を行っていると、体内のバランスがうまく保てなくなっていきます。

糖質を摂らない分、たんぱく質や脂質の摂取が増え、その結果血液がドロドロになってしまうのです。

血液の健康は全身の健康に影響し、腎機能悪化、動脈硬化促進などのリスクを高めることが指摘されています。

 

・体臭や口臭が悪化

体の中に糖分がないと、体は脂肪を分解してエネルギーを得ようとします。

これがダイエットにおいては良いのかもしれませんが、このときに「ケトン体」というものが発生します。

ケトン体は口臭や体臭としてにおいを放ちます。

ただ、これはよほど極端な制限をしなければ起こらないとも言われています。

 

糖質制限ダイエットは、あくまでも糖質「制限」なのです。

その制限が「禁止」に近いくらいに制限してしまっては、当然栄養バランスが崩れて体に悪い影響が出ます。

例えば、朝と昼はなにも気にしないで食事をし、夜ご飯は糖質制限をすると言った方法ならばバランスがとれるかもしれませんね。

(Photo by:写真AC

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

糖質・炭水化物に関する記事

まずは主食を抜くことから!糖質制限で上手にダイエット

  痩せるために食事制限のダイエットをするのなら、まずは主食を抜く努力をしましょ...

同じじゃないの?「パレオダイエット」と「糖質制限ダイエット」の違い5つ!

今注目の「パレオダイエット」を知っていますか?日本では「糖質制限ダイエット」...


糖質は甘いものだけじゃない!ダイエットのカギ「糖質制限」

  痩せるためには第一に肥満の原因となる糖質の摂取量を自分で調節することが大事で...

ダイエットの効果が出やすいのは糖新生を活用する体質!糖新生と代替エネルギーについて知ろう

   効果的なダイエットを行うには、糖質を制限し糖新生を活用する体質にすることが...

カラダノートひろば

糖質・炭水化物の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る