カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 高血圧 >
  4. 症状 >
  5. 高血圧に多い起立性低血圧

生活習慣病

高血圧に多い起立性低血圧

 

めまい立ちくらみ脳に血液が行き渡らないことによって起こる症状です。


高血圧の状態だと、脳に血液が行き渡りめまいや立ちくらみをしないと思うかもしれませんが、そのような事はありません。
高血圧患者でも、むしろそれだからこそめまい立ちくらみを起こす低血圧が多くなるのです。


朝礼などでよく見かける立ちくらみを起こし倒れる人は起立性低血圧という低血圧に襲われているのです。


これは高血圧な状態でも充分に起こりえます

 

むしろ通常の血圧が高いからこそ、たちっぱなしによる血圧の低下の変動幅が大きくなり失神までに至る可能性が高くなるのです。


直立の状態で意識を失うことはそれだけでも危険です。

下がコンクリートならば頭を打ち付けてしまえば重症となります。


また立っている場所が倒れても安全とも限りません。道路や高所など倒れたら速命に関わる場所などいくらでもあるでしょう。

 


■起立性低血圧


自律神経の異常によって起こる低血圧
立ちっぱなしや、立ち上がるときに起こりやすい
●適度な休憩が取れず疲れがたまると起きる
●高血圧患者は、一気に血圧が下がり脳から血の気が引く
普段高血圧なほど意識を失いやすい


■この起立性低血圧を防ぐには、立ちっぱなしでいなければならないときでも適度の休憩を取ったり、立ち上がるときは急激にではなくゆっくり立ち上がるなど予防策をとることができます。


しかしどんな対策よりも高血圧を改善することがリスクを回避する一番の近道となるでしょう。

 

 

(Photo by [//pro.foto.ne.jp/free/product_info.php

/cPath/21_27_130/products_id/1862])

著者: トゥーさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

症状に関する記事

高血圧から低血圧に急変する危険性

高血圧患者は、血圧が高い状態になる事が危険であると認識されています。   ...

重大な病気が隠れていることも!?高血圧のふらつき・めまい症状について

  日本では、30歳以上の半数近くが高血圧だと言われていますが、これといっ...


高血圧の随伴症状としての頭痛・・・どう対処する?

  高血圧には随伴症状というものがあります。随伴症状とは高血圧に伴って見られる症...

高血圧緊急症ってどんな病気?早期に治療をして命の危険を回避!

  ◆高血圧緊急症とは 悪性高血圧とも言われている高血圧緊急症とは、血圧...

カラダノートひろば

症状の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る