カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 産後 >
  4. その他 >
  5. 出産後も続く「妊娠糖尿病」、授乳回数・期間を増やすことでリスクが50%に減る可能性

妊娠・出産

出産後も続く「妊娠糖尿病」、授乳回数・期間を増やすことでリスクが50%に減る可能性

pregnant-453190_640.jpg

妊娠中は、胎盤からインスリンを拮抗させるホルモンが産生されるため、血糖値が上がりやすく「妊娠糖尿病」になる可能性があるといわれています(全体の約10%程度)。

 

また多くの場合、出産後は妊娠糖尿病が改善される確率が高いとされていますが、妊娠前に境界型であった場合などでは、高血糖状態が持続しやすく、食事療法や薬物治療を行う必要性が出てきます。

 

しかし、近年の米研究で、出産後の授乳によって妊娠糖尿病が改善される可能性があることが報告されています。

完全母乳の授乳期間や回数に比して、糖尿病リスクが50%低下したことが明らかになっています。

 

妊娠糖尿病になる機序は?

妊娠糖尿病とは、妊娠中に高血糖状態が持続する症状(空腹時血糖が92mg/dL以上)を言います。

 

高血糖になる原因は「妊娠に伴なうインスリン機能の変化に対応できないため」であり、通常はこのような変化に対応するために膵臓からより多くのインスリンが分泌されますが、妊娠前から境界型糖尿病であったなどが原因で多くのインスリン分泌ができないと、高血糖状態が持続することになります。

 

妊娠中に血糖をあげる要因 

・胎盤からインスリン拮抗ホルモン(血糖値を上げやすいホルモン)が産生される

・そのため胎盤形成が完成する妊娠中期以後はインスリン抵抗性(インスリンが効きにくい状態)となる 

 

その他のリスク因子

・体重が重い

・両親や兄弟姉妹に糖尿病がある

・尿糖陽性

・先天奇形や巨大児の出産歴がある

・流産や早産歴がある

・35歳以上

 

妊娠糖尿病による妊婦・胎児への影響は? 

妊娠中に血糖値が高い場合には、母体のみでなく、胎児にもさまざまな影響が出てきます。

 

母体では早産、妊娠高血圧症候群、羊水過多症、尿路感染症が起きやすく、胎児では巨大児、新生児の低血糖が起きやすく、子宮内で胎児が死亡することもあります。

 

さらに、妊娠前から血糖値が高かった可能性の高い場合には流産しやすく、また、生まれてきた子どもが先天奇形を合併していることもあります。

 

授乳期間の延長が、妊娠糖尿病を改善させる可能性 

米研究によれば、授乳の際に分泌されるホルモン(乳汁分泌ホルモン)「プロラクチン」の作用によって、インスリン分泌に関わる膵臓β細胞を刺激し増殖させ、インスリン抵抗性を解除する可能性があることが報告されています。

 

授乳によって、インスリン抵抗性が改善される機序

・プロラクチンがβ細胞刺激し増殖させる

・プロラクチンが脂肪の分解を促進し、内蔵脂肪減少によってインスリン抵抗性を改善する

 

臨床試験について 

完全母乳の回数・期間が増えるほど糖尿病発症リスクが低下したという臨床試験(Annals of Internal Medicine誌:2015年)

 

【試験内容】

ブドウ糖負荷試験により妊娠糖尿病と診断された959名の女性に対し、出産後の経過を2年間観察した。

 

【結果】

・期間中に113名(11.8%)が糖尿病発症となった。

・人工乳と比較し、母乳による授乳頻度が多いほど糖尿病発症リスクが低下した。

・完全母乳では、糖尿病リスクが有意に54%低下した。

・完全母乳の期間が10ヶ月以上の場合、2ヶ月以下と比べ、糖尿病リスクが有意に57%低下した。

 

 

今回、参照させていただいた内科医の方の記事の中でも、妊娠糖尿病と診断された時には、授乳期間を長めに取った方が良いと述べられていました。

ただ、授乳をしないケースでも「食事・運動」などを行うことで、糖尿病リスクが低下する可能性があり、主治医と相談しながらその対策について考えるべきである、とも述べられてます。

 

(参照ウェブサイト:六号通り診療所所長のブログ

(photoby:pixabay)

著者: あせちるこりんさん

本記事は、2016-08-06掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

産後のイライラはどう乗り越える?

退院をすると、いよいよ赤ちゃんとの生活が始まります。慣れるまでの日々は、本当...

産後、実母が育児をサポートしてくれない…どうしたらいい?こんなサービスもあるんです!

産後のお母さんと赤ちゃんは、様々な場面で周囲のサポートを必要としています。 し...

その他の体験談

許せない! 出産後の夫の行動・発言

産後2か月半が経ちました。 娘の授乳間隔も伸び、夜間の授乳は1度に。 まとめて睡眠がとれるように...

パパ大奮闘の産後生活

生まれてくるわが子と片時も離れたくないパパの希望もあって、一人目出産時は産前産後の里帰りをせず、自宅...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る