カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 育児・子供の病気まとめ >
  4. 高齢出産が増えてきたことで注目が集まるようになってきた「染色体異常」って?

育児・子供の病気

高齢出産が増えてきたことで注目が集まるようになってきた「染色体異常」って?

2e4414edfa8379a4badd9e92aee18db7_s.jpgダウン症に代表される子供の染色体異常は、細かく様々な症状があります。

先天的に染色体の数や構造に異常があるためにおこるようです。

この世の中の親は皆、ダウン症の子供をもつ可能性があります。

 

染色体異常が起きる原因とはいったいなんなのか?予防は出来るの?

ダウン症と聞いたとき、高齢出産を思い浮かべる人は多いのではないでしょうか。

確かに高齢出産はダウン症の発症率が高いですが、母親の年齢だけが全て

の原因ではないようです。

 

ダウン症の、顔や手に現れる外見的特徴とこだわりなどの行動は?

ダウン症の赤ちゃんの顔は似ています。性格も頑固といわれることが多いようです。

全ての特徴が皆に現れるわけではなく、いくつかが重複してくるといった感じです。

 

ダウン症の次に発症数が多いといわれる18トリミソー、別名エドワーズ症候群とは?

18トリミソーは3000人から8000人に一人が発症している先天性の染色体異常です。

生まれる前にお腹の中で亡くなってしまう子も多いといいます。

 

親より長生きしてしまったらこの子はどうなってしまうの?染色体異常の治療と延命

ダウン症とわかった時点で、投薬や手術などの延命治療が出来るようになりました。

今では赤ちゃんの時点で亡くなってしまう子は少なく、長くて60歳くらいまでは生きられるようです。

 

女の子だけの染色体異常「ターナー症候群」ってどんな症状なの?

女性の2500人に一人の割合で発症している染色体異常で、主に低身長や性発達の遅れが特徴的です。

20代までゆっくり成長していきますが、普通の生活をする上ではなんら問題はありません。

 

原因や予防法はハッキリしていない先天性の染色体異常。

五体満足で産まれてくる事は奇跡のような出来事なんだと感じました。

しかるべき場所で、その子の個性に沿って、親子で上手に生きていけるのがいいですね。

周りの助けを借りながら、落ち込まず、追い詰めず、毎日を楽しく過ごしましょう。

(Photo by:写真AC

著者: cyomoさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

育児・子供の病気まとめに関する記事

膝の痛み、膝の裏のただれ…これはどんな病気?膝に関する子供の病気まとめ

子どもから膝が痛いと言われたり、膝の裏がただれている場合、どんな病気が疑われ...

子どものケガ・応急処置に関するまとめ!もしものときもこれで安心!

子どもたちは、毎日がけがや病気と隣り合わせ。わんぱくキッズは、常に生傷が絶え...


保存版!赤ちゃんが喜ぶおすすめベビー用品まとめ

赤ちゃん用品って、本当にたくさんありますよね。 グッズの種類もお店もたくさんあ...

中耳炎・風邪症状など子どもに多い耳・鼻・口・喉の病気について...対処法は?

幼い子どもたちは、耳や鼻、口もまだまだ未熟で、病気になることもよくあります。...

カラダノートひろば

育児・子供の病気まとめの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る