カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. つわり(悪阻) >
  4. 吐き気 >
  5. 妊娠初期に吐き気止め「ナウゼリン」を使用することの安全性は?過去の症例について

妊娠・出産

妊娠初期に吐き気止め「ナウゼリン」を使用することの安全性は?過去の症例について

吐き気止めに使う「ナウゼリン」。妊娠初期の頃は、つわりによる吐き気と気が付かず、ナウゼリンを服用してしまった!という方は、多いのではないでしょうか。

 

しかもナウゼリンは、妊娠中の薬に対する安全評価基準では、「禁忌(きんき)」とされており、妊婦は服用を控えるように言われています。胎児にどう影響を及ぼすのか不安になりますよね。

 

果たしてナウゼリンは、妊娠初期の段階で服用しても問題ないのでしょうか。今回は、妊娠初期に吐き気止めナウゼリンを使用することへの安全性や胎児に及ぼす影響、過去の症例についてまとめました。

 

ナウゼリンとは? 

ナウゼリンとは、吐き気や消化管機能の改善に効果がある薬です。胃腸などの消化器官の動きを改善させるのに効果を発揮します。

しかし、嘔吐中枢への効果は弱いため、嘔吐中枢が原因への吐き気には、効果は期待できません。

 

副作用は起こりにくい 

嘔吐中枢へ働きが弱いということは、同時に脳に薬効が届かない薬ということです。そのため、脳に作用すること生じる副作用も起こりにくいという特徴があります。

 

妊娠に気が付かずにナウゼリンンを服用!大丈夫? 

ナウゼリンは、消化器系の不調である嘔吐・食欲不振・胸やけに処方される薬。これらの症状は、つわりの症状ととても似ていますよね。そのため、妊娠がまだ気が付かない段階で、内科を受診して処方をされたというケースがほとんど。

 

ナウゼリンは、妊娠中に服用をしてはいけない「禁忌」として指定をされていますが、妊娠初期で服用をする場合は、胎児にほとんど影響がないといわれています。

 

ただし、妊娠が発覚した後は、服用するのは控えるようにしましょう。また必ず医師の診断を仰ぐようにしてください。服用している量や期間を伝えることは、胎児への影響を判断するために重要な情報になります。

 

また吐き気の症状がつらい場合は、代わりの薬がないか指示を仰ぐようにしてください。

 

「禁忌」とは?「危険な薬」ではない?

「禁忌」としてして指定されている薬は、妊娠中は使用してはいけない薬という意味です。よく市販で販売されている薬の説明書きに、「妊娠中は使用しないでください」と書いてあることありますよね。これも同じ意味を指しています。

 

これらは「妊娠中は使用しないでください」という意味であり、「胎児に影響があるので使用しないでください」という意味ではありません。

 

胎児に影響がないからと言って、禁忌に指定されているナウゼリンを進んで服用することは、もちろんNG。

妊娠中に使用は控えるべき薬ではあるので、飲まないのに越したことはないので、服用は控えるようにしましょう。

 

妊娠初期のナウゼリン使用に関する症例 

胎児に催奇形性の影響がでる可能性は、ほぼゼロ

ナウゼリンは、動物実験(ラット)で骨格・内臓異常などの催奇形作用の報告があるため禁忌となっています。しかし民医連のまとめによると、メーカーからの報告で、妊婦に投与された13件(投与量:15~60mg/日、投与時期や期間は様々)はすべて健常児だったとされています。

 

また、その他にも文献「実践妊娠と薬」から引用された症例では、妊娠初期にナウゼリンを使用した29/30例において催奇形性が認められなかったとされています。催奇形性があった1例に関しては、ナウゼリンとの因果関係は明らかでないようです。

 

催奇形性があった報告例

文献「実践妊娠と薬(2007年10月版」」で紹介されている症例では、妊娠49日目から5日間、ナウゼリンを服用したことによる催奇形があったことを報告としています。両裂手生と両脛骨列形成不全症を合併したとのことです。

 

民医連の見解:ナウゼリンの関連性はなし

ただし、上記の症例と同じ妊娠時期にナウゼリンを服用した5例に関しては、奇形などのない健常児で、奇形の発生の危険度が高い時期にナウゼリンを服用した24例はいずれも健常児でした。

 

そのため、民医連は、これらのことから「奇形発生の頻度や危険性が明らかに上昇するとは考えられない」「妊娠に気付かずにナウゼリンを服用しても胎児に悪影響の出る可能性は低い」と述べています。

 

また、尼崎医療生協病院によれば、薬を何も服用しない場合でも3%の先天性疾患の発生率があるとのことです。

ナウゼリンを服用したことで確率が大きく変化するとは考えられないとしており、現時点では数日間の使用においては過度に不安に感じる必要はないと言えそうです。

 

妊娠に気づいた時に、服用をやめれば大丈夫

いくら胎児に影響がない薬だからと言って、服用を続けることはママの体に影響を及ぼす危険性があります。妊娠が発覚した時点で控えるようにしましょう。

 

ナウゼリンは、妊娠初期であれば赤ちゃんに影響のない安全な薬です。過度な心配をして、ストレスを抱え込まないようにしてくださいね。

 

妊娠中は、お腹の赤ちゃんを守るために、ママは常に緊張状態になります。不安な場合は、医師に相談し、過度な心配はしないように正しい情報を得るようにしましょう。

 

 

(Photo by:https://www.photo-ac.com/)

 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-06-11掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

吐き気に関する記事

工夫でなんとかなることも!つわりの時の入浴法と入浴できない時の対処法

吐き気が強いつわりの時期、お風呂に入ることで、より症状を悪化させてしまう妊婦さん...

つわりの吐き気を軽減しよう!おすすめ背中ケアの方法とツボ押し☆

つわりの症状の中でも、特につらい吐き気。 現在のところ、つわりの吐き気を止める...

つわり(悪阻)の体験談

吐き気と戦う毎日!これがつわりかぁ~!つわり対策の工夫

妊娠中誰にでもやってくるつわり。 あれって本当に苦しいですよね… 食べ物を食べてしまう「食べづわ...

あれ・・・?気持ち悪くない!やっとつわりが終わった!!ご飯がおいしい~!妊娠5か月で終わった悪阻

過ぎてしまえば、大したことなかったなと。妊娠2か月~5か月まで続いた吐きづわり妊娠が発覚してから、徐...

カラダノートひろば

吐き気の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る