カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 高血圧 >
  4. 症状 >
  5. 高血圧から低血圧に急変する危険性

生活習慣病

高血圧から低血圧に急変する危険性

高血圧患者は、血圧が高い状態になる事が危険であると認識されています。

 

たしかにその通りですが、だからといって低血圧状態になれば良いという単純な話しでもないのです。

 

高血圧患者のように、血圧の非常に高い状態から急激に血圧が下がるとあまりに血圧変動幅が大きくなるため、単なる低血圧による諸症状が深刻なレベルに至る可能性があります。最悪の場合突然死に至る可能性もあるのです。

 

高血圧患者は、急激な低血圧も危険だと言えます。高血圧患者は低血圧にならないと思っている人もいるでしょう。

 

しかし、高血圧患者でも風呂上がりなど血圧が急激に下がる場合がいくつも考えられます。これらのタイミングで、あまりに血圧が下がりすぎてしまうと最悪命の危険に及ぶのです。

 

■高血圧患者でもなる低血圧の要因

●風呂上がり

●起立性低血圧

●食後低血圧

●排泄による血圧低下

●降圧薬の服用

 

高血圧だけ見ると、血圧が高いことのみが悪いのであり、血圧は低ければ良いと思いがちです。しかし本当に良いのは、血圧が高くも低くもない正常値であることを忘れてはいけません。

 

特に急激な血圧の変化は、不安定な体調の表れでもあります。

 

高血圧患者だからこそ低血圧による急激な血圧変動が起こりやすくなるのです。

(Photo by://pro.foto.ne.jp/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

症状に関する記事

発汗症状が見られる、高血圧の原因疾患とは?

高血圧症 高血圧症とは血管がつまったりすることとによって血流が悪くなり、それに...

発汗や頭痛は高血圧の初期症状?

      血圧とは、血液が流れるときに血管にかかる圧力のことで、高血圧と...


高血圧と身体のだるさ~見逃してはいけない症状

   高血圧に自覚症状はほとんどないといわれています。しかし、一部の人には頭痛や...

発汗の症状と高血圧は関係がある?

      日本人の40歳以上の2人に1人が高血圧であると言われています。...

カラダノートひろば

症状の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る