カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児 >
  3. 育児・子供の病気まとめ >
  4. 家庭で出来る切り傷の対処法と、病院へ行くめやすを知っておきましょう。

育児

家庭で出来る切り傷の対処法と、病院へ行くめやすを知っておきましょう。

2e4414edfa8379a4badd9e92aee18db7_s.jpg日常でよくある怪我といったら、切り傷ではないでしょうか?

こどもは好奇心旺盛で、興味を持ったものをなんでも触ろうとします。

擦り傷とは異なり、傷口は直線に切れて深い場合があります。

 

家庭内でも多い怪我「切り傷」。どんな場所で切ってしまうの?

家庭内には包丁をはじめ、割れてしまったガラスや陶器の破片や、紙のふちなどこどもにとって危険なものがたくさんあります。

 

まずは慌てず応急処置をしよう。日常で多いこどもの切り傷の対処法

こどもを安心させてあげれるように、そしてママ自身も落ち着いて対処できるように、こどものちょっとした怪我のときに使える応急処置の方法を知っておきましょう。

 

こどもが顔や指に深い傷をおってしまった!応急処置は?病院に行ったほうがいいの?

こどもが深い切り傷を負ってしまった場合、小児科で受診するという方がいますが、切り傷は皮膚科または形成外科を受診しましょう。

 

切り傷の処置でまずやることは「止血」!慌てないようにやり方を知っておこう

まずは傷口を流水で綺麗にして、止血します。あまりにも深い傷に場合は止血しながら救急車を呼びましょう。

 

切り傷のときに腫れや痛み、熱がでるのは感染症?どう対処したらいい?

切り傷ができてから、傷口が腫れたり、激しく痛んだり、傷口が熱を持ったりします。

この状態は細菌に感染している事を意味する炎症の症状です。

こまめに爪を切り、手洗いをし、清潔を心がけましょう。

 

こどもの再生能力は優秀なので、傷の治りが早いです。

ですので軽度の傷であればあまり敏感にならず、正しい処置を行ったら、感染症予防のためにもあまり触らないようにしましょう。

(Photo by:写真AC

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-04掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

育児・子供の病気まとめに関する記事

離乳食の開始時の悩み、進め方、拒否、手づかみ食べなど、離乳食に関するママの相談まとめ

お食い初めも終わり、赤ちゃんとの生活もだいぶ落ちついた頃から始まる離乳食。楽...

授乳中のお酒どうしてる?飲みたい時はどうする?お菓子に含まれるアルコールは気にする?ママの意見まとめ

   妊娠前は気にせず飲んでいたお酒。 妊娠してから授乳中の今も断酒生活が続...


母乳が出ない!授乳回数は?アルコールは禁止!?赤ちゃん授乳のまとめ

 生まれてから初めてのあかちゃんのごはん、おっぱい。おっぱいには赤ちゃんを健やか...

どこまでなら飲酒してOK?気になる「授乳中の飲酒まとめ」

アルコールの入っている食べ物は授乳中は避けるべき? 料理の中に入ってるワイ...

カラダノートひろば

育児・子供の病気まとめの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る