カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 育児・子供の病気まとめ >
  4. とても腫れる、こどもの虫刺され。その原因と対策、ケアの方法を知っておこう!

育児・子供の病気

とても腫れる、こどもの虫刺され。その原因と対策、ケアの方法を知っておこう!

2e4414edfa8379a4badd9e92aee18db7_s.jpg虫刺されの症状で一般的なのはかゆみと腫れです。

こどもの場合は、大人よりも腫れがひどいことがあり、この腫れの原因は、虫が刺したときに人間の体内に注入する唾液に対するアレルギー反応のようです

 

蚊に刺されてひどく腫れてしまった!どうしてこんなに腫れてしまうの?

蚊に刺されたときのかゆみの原因は即時型アレルギー反応と遅延型反応の2種類があります。

<蚊によるかゆみは原因によって対策が変わってくるようです。

 

こどもが蜂に刺されてしまった!慌てず落ち着いて応急処置をしよう

大人でも蜂に刺されたら重症化してしまうことがあります。

ちいさいこどもが蜂に刺されてしまったら、致命傷になる可能性もあります。

 

こどもが公園で噛まれることもある「マダニ」噛まれてしまった時の対処法

マダニに噛まれたことが原因で感染症にかかりこどもが死亡してしまうという痛ましい事故が報告されているそうです。

 

痒くて泣いてしまうその前に!こどもの虫除け対策やグッズいろいろ

虫除けスプレーや着る服の色、避けたい場所や駆除の方法など、きになるアイデアをみてみましょう。

 

こどもが虫に刺されたら!腫れる前に正しくケアを

アフターケアをせず虫刺されを放っておくと痕が残ってしまったりします。凍ったペットボトルの水を持って行き、すぐ冷やすのも有効です。成長の妨げにならないよう、対策法を知りましょう。

 

小学生ぐらいだとある程度虫の種類もわかるようになりますが、赤ちゃんやちいさいこどもはわかりません。

なるべく親が対策をとり、刺されたらすぐ対応する事が大切です。

しっかりと虫に刺されたときの対応策や予防法を知り、楽しく外遊びを楽しみましょう。

(Photo by:写真AC

著者: cyomoさん

本記事は、2016-08-04掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

育児・子供の病気まとめに関する記事

母乳が出ない、ミルクを飲まない…授乳の相談と対処法まとめ!

赤ちゃんにとって、とても大切な授乳。 「赤ちゃんがミルクを飲んでくれない」「母...

生後8~12ヵ月の生活の様子・成長・言葉の発達・歯の悩みなど生後8~12ヵ月まとめ

一人でお座りやハイハイができるようになる生後8か月以降の赤ちゃん。そして、あ...


【生後1ヶ月の育児】吐き戻しや乳児湿疹、沐浴からの切り替えなど、ママの経験談まとめ

  生後1ヶ月の頃の赤ちゃんは、生活リズムがまだ整っておらず、1日中泣いている...

洋服選びのコツ・切り替えタイミングってどうしているの?

赤ちゃんに着せるもの、意外と悩むポイントですよね。暑いかな?寒いかな?と、話...

カラダノートひろば

育児・子供の病気まとめの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る