カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 育児・子供の病気まとめ >
  4. こどもの下痢の原因。悪化させないために知っておきたい対処法と受診のタイミングとは?

育児・子供の病気

こどもの下痢の原因。悪化させないために知っておきたい対処法と受診のタイミングとは?

e11963322a7f43858b6423b8b64184aa_s.jpgこどもはお腹をこわしやすく、下痢になってしまうことが多いですね。

親としてはとても心配になってしまいますが、病院へ行くかどうかの判断には迷うところです。

 

その下痢は食中毒かもしれない?!こどもの細菌性胃腸炎の症状と処置方法

食べ物が原因で起きる下痢は「食中毒」が原因です。

嘔吐、下痢、腹痛、発熱と、大変つらい思いをします。

 

長引く乳幼児の下痢はミルクが原因?「乳糖不対象」ってどんな病気?

牛乳などに対するアレルギー反応でお腹がゆるくなってしまうこともあります。

これについてはアレルギーについて詳しい病院で相談してみましょう。

 

「感冒性腸炎」というお腹の風邪の症状と治療法を知っておこう!

発熱を伴う下痢で、特別な治療法はなく、深刻な病気でもありません。

脱水には注意しましょう。

 

こどもの下痢の原因で一番多いのがウイルス感染。その種類と対処法って?

冬に集団感染することの多いロタ、ノロウイルスによる胃腸炎。

また年中かかる可能性のあるアデノウイルスや溶連菌による胃腸炎も下痢を引き起こします。

 

こどもが下痢のときに大切なホームケア!食事や水分補給はどうしたらいいの?

下痢がひどいときは、無理に食べさせず、水、お茶、乳幼児用イオン飲料など水分の補給を少量ずつ行い、衰弱がひどいときには点滴を受けましょう。

 

こどもの下痢に薬は必要?薬に関する正しい知識を持っておこう

特に必要ないけれど、医師に処方された場合は用法用量を守って正しく使いましょう。

 

こどもは病気になっても自分で症状を訴えられないので、どの程度辛いのかが判断しにくいですね。

これくらいなら大丈夫かと思っていても、急に悪化してしまうこともありますので、悪化しているようならすぐに受診しましょう。

心配し過ぎず、でも大丈夫と高をくくらずに看病していきましょう。

(Photo by:写真AC

著者: cyomoさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

育児・子供の病気まとめに関する記事

良いうんち?悪いうんち?赤ちゃんのうんちでわかる病気まとめ

赤ちゃんのうんちを見て、良いうんちなのか悪いうんちなのか、区別がつかないこと...

こどもの「嘔吐」から考えられる病気とその症状、お家で出来る応急処置方法など

「吐く」とはいの内容物が逆流して外に出ることです。 口にしたものや胃液が主な嘔...


【生後10ヶ月の育児】身長・体重や歯、伝い歩きなど…赤ちゃんのギモンまとめ

生後10ヶ月に入り、上下の歯が生えてきたり、伝い歩きができてくる子もいます。...

おむつかぶれがひどくならないための5つの対策まとめ

真っ赤になってしまったおしりを見ると赤ちゃんがかわいそうですよね。 かぶれになら...

カラダノートひろば

育児・子供の病気まとめの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る