カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 脳・神経 >
  4. もやもや病 >
  5. もやもや病「再発」のキケン…手術後も再発する病気なの?再発防ぐ方法はないの?

気になる病気・症状

もやもや病「再発」のキケン…手術後も再発する病気なの?再発防ぐ方法はないの?

7f6913471e3891b10122d804983b0cc0_s.jpg歌手の徳永英明さんは、2001年にもやもや病を発症しています。

その徳永英明さんが2016年に同じ病気を再発し、手術を受けていたということが報道されました。

発症し、手術を受け、療養中だということ公式のホームページで報告していました。

 

もやもや病ってどんな病気?

文字面だけを見るとなんだか精神的な病気のように聞こえますが、これは脳血管の病気です。

日本人に多く発症する病気であり、日本で発見され、もやもや病という名前が正式名称です。

そのため、この名前で海外でも通じるのだそうです。

「もやもや」というのは脳血管の状態を表しています。

脳血管の造影検査の画像で、細い動脈血管がいくつもあり、その状態が煙のように見えることから、この名前が付けられています。

もやもや病は、脳の血管が細くなり、詰まってしまうことで起こります。

血管はつまってしまうと、それを補おうとして、代わりの血管ができます。

この血管がもやもや血管と呼ばれ、煙のようにもやもやして見えるのです。

 

再発しやすい病気なの?

今回徳永英明さんの場合、一度病気を発症して手術を終えています。

その後療養を終え、活動を再開しています。そして2016年になって同じ病気を再発しています。

 

そもそも原因は?>

もやもや病の原因は不明です。血管の病気というと、動脈硬化などが原因として挙がることが多いですが、もやもや病は動脈硬化の原因が考えにくい、子どもでも発症します。

 

出血型は再発率の危険が高い>

もやもや病は、「虚血型」といって、血管が狭くなったり詰まることで、脳の血流が悪くなるタイプがひとつあります。

そしてもうひとつが「出血型」といって、もやもや血管が破けたり、もやもや血管に生じたこぶが破裂するタイプがあります。

これらのうち、再発の危険が高いとされているのが出血型です。

 

基本的には治療後の生活は良好>

手術を行った場合、もちろん長期的に術後のフォローをしていくことが必要です。その上で基本的には術後の状態は良好だということです。

ただ、虚血型でも出血型でも再発の可能性はどうしてもあります。

新たな梗塞や出血が出現することもありますので、定期的に状態を気にする必要がありそうです。

 

もやもや病は家族性の原因も強くあるとされています。

しかし不明な点も多く、はっきりとした原因があってそれを取り除くということが難しい病気です。

再発の危険はどうしてもついて回ります。不明な点が多い分、手術をしたとしてもそれで完全に安心することはできなさそうです。

(Photo by:写真AC

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

もやもや病に関する記事

血管が細くなる?!症状の出方も様々な‘もやもや病’の症状分類

<もやもや病とは> 脳の大きな血管が詰まったり、細くなって血液量が確保でき...

過呼吸後、数分間の脱力症状があれば早期手術が必要~もやもや病

小児型もやもや病の疑いとは? もやもや病(ウィリス動脈輪閉塞症)という病気をご...


他人事ではない?もやもや病の発見から診断、治療までの流れとは

  急に体の右もしくは左に力が入らなくなって数分後には戻る。急に言葉が出な...

もやもや病の吻合手術

  もやもや病はまだ病態のすべてがわかっている病気ではありません。 統計もほ...

カラダノートひろば

もやもや病の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る